1つの選挙区に候補者は1人

北朝鮮の朝鮮中央テレビが、今月29日の地方人民会議の代議員選挙を控えて、「全員賛成投票しよう」という宣伝スローガンの書かれたポスターが作られたと、14日報道した。

北朝鮮の地方人民会議選挙は道、直轄市、市、郡、区域の人民会議の代議員を選ぶ。2003年8月の選挙では、全国であわせて2万6650人の地方代議員が選ばれた。

選挙とは言っても、他の国のように異なった意見を持つ複数の候補が立候補し、投票で選ばれるものではない。1つの選挙区に、労働党や各団体が選定、推薦した1人の候補に対する賛否投票をする形で行われる。

選挙の日が発表されたら、各人民班(町内会)や社会団体、機関ごとに賛成投票を奨励する行事や決意大会を開催する。「全員賛成投票しよう」という賛成投票を奨励するスローガンのみならず、「人民主権の参加で、先軍政治を一層輝かそう」というような政治スローガンも登場する。

2004年に韓国にやってきた脱北者イさんは、「保衛部が住民に『どの地域の何某が反対投票をして、家族全員が追放された。投票をしなければ、特別監視対象になる』というような話をして脅かす。北朝鮮にいたころはわからなかったが、韓国に来てから賛成投票を督励するためのデマの流布のような行為だったと思った」と語った。

反対投票をしたら最後…

選挙当日、公民証(身分証明書)を持って投票所に向かい、住民登録の確認を受けて投票用紙を受け取る。投票用紙を投票箱に入れれば選挙は終わりだ。反対票を投じるなら投票記載所で用紙にバツじるしをつけるが、そんなことをすれば誰が反対したかすぐにわかってしまう。

保衛部に連行され、尋問を受けた上、反革命分子に分類されるため、反対票を投じようとする人は誰もいない。投票に参加しなくても反革命分子となる。民主主義国家に住む人からすると極めて奇異なものだが、北朝鮮の人々にとっては極めて当たり前なことである。

そもそも北朝鮮の選挙は、民主主義的な手続きにのっとり自分たちの代表を選ぶものではない。当局が、住民が現住所に住んでいるか、反体制的な動きをしていないかを把握するためだけのものだ。選挙期間中には、行商などで他地域に行っている人も、住民登録地に戻らなければならず、旅行証(移動許可証)の発行も難しくなる。

北朝鮮では選挙が終われば、各選挙区では何の言及もない。朝鮮中央テレビでまとめて、「99.9%投票参加、100%賛成」などといった結果が発表されるだけだ。

    関連記事