そのうえで、「米帝がわが共和国の軍事的威力と戦略的地位、わが軍隊と人民の鉄石のような対米決算の意志を直視できず、軽挙妄動しながらあえてわれわれに手出しするなら、無慈悲なせん滅的報復打撃を免れられないであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮は米国の制裁・圧迫を超強硬で粉砕する

【平壌6月17日発朝鮮中央通信】17日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮の多発的かつ連発的な核戦力強化措置に怖じ気づいた米国が分別力を失って反共和国制裁と軍事的威嚇騒動に狂奔していることについて暴露した。

    関連記事