北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、6.15共同宣言と10.4宣言を履行すべきと主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信が配信した記事の日本語版では割愛されているが、論説は、「保守一味が断絶させたいくつかの人道支援や民間交流を許容したとしても北南関係が改善されると見られない」と指摘した。

文在寅政権は、北朝鮮との交流拡大を後押しする方針を表明している。先月26日には政権発足後、はじめて人道支援を目的とした民間団体の訪朝を承認していた。これに対し、北朝鮮側は国連安保理で対北朝鮮制裁が決議されたことや、これに対する韓国政府の態度を問題視して入国を拒否する方針を示している。