北朝鮮の労働新聞は22日、韓国の文在寅大統領が日米中ロの主要4カ国に特使を派遣したことに対し、「愚かな外部勢力依存策動にこれ以上執着してはいけない」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「南朝鮮当局が今、『北核問題』を持ち出して外部勢力に執着しているが米国と中国をはじめ各国に派遣された『特使』らが外交の席上で受けているもてなしは自分の位置も占められなかったまま感受しなければならない外交的べっ視と冷遇だけである」と指摘した。

また、「南朝鮮が瀕した対外的孤立と危機は、根深い外部勢力依存政策と親米・事大根性が体質化した朴槿恵一味がもたらした当然な帰結である」と主張した。

さらに、「朝鮮半島にいつ戦争が起きるのか知れない重大な情勢が持続しているのは、侵略的な外部勢力と結託して北侵戦争策動に狂奔してきた親米・保守勢力の外部勢力依存政策の必然的結果である」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮当局者らは、外部勢力依存は亡国の道だということを銘記し、自ら災いを招く愚かな外部勢力依存策動にこれ以上執着してはいけない」としながら、「外部勢力にこびへつらって民族の利益を売り渡す反逆者らもまたいささかも許さない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 外部勢力への依存は恥辱と屈従、亡国の道

【平壌5月22日発朝鮮中央通信】22日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、外部勢力に民族の尊厳と利益を供する代償として一身の権力と栄達を追求し、同族とはあくまでも対決してきた歴代支配層によってこんにち、南朝鮮は自主性を喪失した外部勢力の作男という恥ずべき汚名を着せられていると強調した。

論評は、民族自主に逆行する親米・保守一味の反民族的売国行為を暴き、次のように指摘した。

南朝鮮当局が今、「北核問題」を持ち出して外部勢力に執着しているが米国と中国をはじめ各国に派遣された「特使」らが外交の席上で受けているもてなしは自分の位置も占められなかったまま感受しなければならない外交的べっ視と冷遇だけである。

南朝鮮が瀕した対外的孤立と危機は、根深い外部勢力依存政策と親米・事大根性が体質化した朴槿恵一味がもたらした当然な帰結である。

われわれは、国と民族を愛する全同胞が思想と理念、政見と主義・主張、階級と階層の差を超越して民族共同の利益を優先視し、固く団結すべきだという民族大団結の崇高な理念を掲げてその実現のために努力の限りを尽くしてきた。

しかし、南朝鮮の親米保守一味は外部勢力依存に染まって同胞の団結した力で民族問題、統一問題を解決しようとするわれわれの同胞愛的立場と提議にあくまでも背を向けて外部勢力と結託して同族対決に狂奔した。

朝鮮半島にいつ戦争が起きるのか知れない重大な情勢が持続しているのは、侵略的な外部勢力と結託して北侵戦争策動に狂奔してきた親米・保守勢力の外部勢力依存政策の必然的結果である。

南朝鮮当局者らは、外部勢力依存は亡国の道だということを銘記し、自ら災いを招く愚かな外部勢力依存策動にこれ以上執着してはいけない。

われわれは、民族内部問題、統一問題に勝手に干渉して自分の侵略的かつ支配主義的な野望を実現するための外部勢力のいかなる企図も許容しないし、外部勢力にこびへつらって民族の利益を売り渡す反逆者らもまたいささかも許さない。

論評は、民族自主は団結と平和、統一と繁栄の道であり、外部勢力依存は恥辱と屈従、亡国の道であると主張した。

    関連記事