北朝鮮の労働新聞は21日、日本の麻生太郎財務相が「朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけた」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、麻生氏が「米財務長官との会談で、朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけて、制裁強化のための井戸端会議した挙句、『常識のない国』が危険な武器を持っているだとか、何とか言って散々けなした」と指摘した。

つづけて、「麻生がわれわれの核抑止力を危険な武器と描写したのは、自らの低レベルな判別力と事物現象についての無理解を自ら広めた無知な醜態」と述べた。

また、「われわれの握っている核兵器は、朝鮮半島での核戦争を防ぐ強力な自衛的抑止力であり、地域の安全と平和を守るための必勝の宝剣だ」と主張した。

さらに、「米国の核戦争挑発騒動で朝鮮半島における核戦争が起きれば、米国の核前哨基地、兵站基地に転落した日本列島も破滅的な災害を免れないというのが定説だ。そのような面を考えると、われわれの核は、日本の安全も守ってやっていることとなる」と強調した。

そのうえで、「日本の反動層は、われわれをけなすのではなく、われわれに感謝の挨拶をすべきだ」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけた日本の財務相を糾弾

【平壌5月21日発朝鮮中央通信】先日、日本の財務相麻生が米財務長官との会談で、朝鮮の核抑止力に言いがかりをつけて、制裁強化のための井戸端会議した挙句、「常識のない国」が危険な武器を持っているだとか、何とか言って散々けなした。

21日付けの「労働新聞」は、個人筆名の論評で、麻生がわれわれの核抑止力を危険な武器と描写したのは、自らの低レベルな判別力と事物現象についての無理解を自ら広めた無知な醜態と嘲笑した。

論評は、地球上で最も危険なのは、他の国々に対する核の脅威、恐喝を日常的に行う米国の核兵器だと主張した。

われわれの握っている核兵器は、朝鮮半島での核戦争を防ぐ強力な自衛的抑止力であり、地域の安全と平和を守るための必勝の宝剣とし、論評は次のように指摘した。

事実、米国の核戦争挑発騒動で朝鮮半島における核戦争が起きれば、米国の核前哨基地、兵站基地に転落した日本列島も破滅的な災害を免れないというのが定説だ。そのような面を考えると、われわれの核は、日本の安全も守ってやっていることとなる。

日本の反動層は、われわれをけなすのではなく、われわれに感謝の挨拶をすべきだ。

このような事物現象の初歩的な因果関係も知らない麻生が、「常識」だとか何とか言って、しどろもどろに語るとは、茹でた牛の頭も仰天大笑するだろう。

日本の反動層は、むやみなことを言って大恥をかかず、じっとしているのがいいだろう。

    関連記事