北朝鮮の労働新聞は13日、米国に対して「核放棄を少しも期待してはいけない」と主張する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「核は朝鮮の尊厳と力の絶対的象徴であると同時に最高の利益である」と主張。

また、「米国が対朝鮮敵視政策を放棄しない限り、核戦力を中枢とする朝鮮の自衛的国防力強化措置は倍加される」と強調した。

さらに、「オバマの『戦略的忍耐』政策がわれわれをしてすべてのものを備えるようにしたならば、トランプ行政府の冒険的な『最大の圧迫と関与』政策はわれわれの核抑止力強化を最大のスピードで促すようにするだけである」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 核は朝鮮の尊厳と力の絶対的象徴であると同時に最高の利益

【平壌5月13日発朝鮮中央通信】各国の言論と専門家が、米国の無謀な軍事的挑発によって朝鮮半島に重く垂れ込めていた戦争の火雲がなくなり、またもや危険な峠を越えたことについて安堵(あんど)の息をつきながら、その要因は明白にわれわれが強力で威力ある戦争抑止力を備えて立ち向かう戦略で横暴な米国を手なずけたからであると評している。

13日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、核は朝鮮の尊厳と力の絶対的象徴であると同時に最高の利益であると強調した。

論評は、米国が対朝鮮敵視政策を放棄しない限り、核戦力を中枢とする朝鮮の自衛的国防力強化措置は倍加されるとし、次のように指摘した。

米国は、われわれから核放棄を少しも期待してはいけない。

そして、われわれにむやみに手出しすれば羞恥と破滅しか与えられないということを銘記すべきである。

今、米国は「最大の圧迫と関与」なる対朝鮮政策を標榜(ひょうぼう)しながら、全面的な制裁・圧迫でわれわれを窒息させようとしている。

しかし、米国は誤算している。

オバマの「戦略的忍耐」政策がわれわれをしてすべてのものを備えるようにしたならば、トランプ行政府の冒険的な「最大の圧迫と関与」政策はわれわれの核抑止力強化を最大のスピードで促すようにするだけである。

    関連記事