国連人権理事会傘下障害者権利担当特別報告者が朝鮮を訪問

【平壌5月9日発朝鮮中央通信】国連人権理事会傘下障害者権利担当特別報告者カタリナ・デバンダス・アギラルさんと一行が、2日から9日まで朝鮮を訪問した。

同特別報告者の朝鮮訪問の目的は障害者全般の実態を調べ、最近、共和国が加盟した障害者権利に関する協約の履行に関する問題を討議し、協約の履行に必要な技術協力提供の可能性を模索するところにあった。

国連人権舞台で敵対勢力がわれわれの社会主義制度の転覆を目的として「脱北者」の「偽り証言」とねつ造資料に基づいてつくり上げた反共和国「人権決議」を全面排撃し、「決議」によって出た朝鮮人権状況関連「特別報告者」は絶対に認めないというわれわれの立場は一貫している。

    関連記事