北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、国連人権理事会で障碍者の権利を担当するカタリナ・デバンダス・アギラル特別報告者が、今月2日から9日まで平壌の児童施設などを視察したことを伝えた。

北朝鮮が、国連人権理事会が任命した特別報告者の訪問を認めたのは、今回が初めてとなる。

同通信は、アギラル特別報告者の訪朝の目的は、「障害者全般の実態を調べ、最近、共和国が加盟した障害者権利に関する協約の履行に関する問題を討議し、協約の履行に必要な技術協力提供の可能性を模索するところにあった」と伝えた。

    関連記事