北朝鮮の金正恩党委員長が、楽浪(ランラン)戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が10日、報じた。

楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地指導した金正恩氏(2017年5月10日付労働新聞より)
楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地指導した金正恩氏(2017年5月10日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は、「軍事服務の日々に発揮した愛国心を抱いて今は人民の生活向上のための新たな持ち場を頼もしく守っている戦傷栄誉軍人を鼓舞、激励するために訪ねてきた」と述べた。

金正恩氏によると、同工場は「朝鮮労働党第5回大会が開かれた年である1970年10月、数台の設備を備えて簡単な鉄製日用品を生産する小さな単位に創立された」という。

楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地指導した金正恩氏(2017年5月10日付労働新聞より)
楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地指導した金正恩氏(2017年5月10日付労働新聞より)

金正恩氏は、工場の各所を見て回り「工場で生産した製品を一つ一つ見ながら品種が多いだけでなく、有用に立派につくった、戦傷栄誉軍人の働きぶりが違う」と述べた。

また、サービス施設と科学技術普及室を見て回り、「大衆風呂場、理髪室、運動治療回復室などからなっている便益サービス施設の設計と施工を立派にし、決心して築いたのが分かると、工場の従業員が本当に喜ぶだろう」と述べた。

さらに、「工場を見て回ると戦傷栄誉軍人が革命の花を咲かせ続けるべきだという朝鮮労働党の志を体して兵士時代のように祖国と人民のための闘いの道を揺るぎなく歩み続けているということが再びよく分かった」と述べた。

現地指導には、朴奉珠(パク・ポンジュ)、李周午(リ・ジュオ)、安正秀(アン・ジョンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地指導

【平壌5月10日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩同志が、楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場を現地で指導した。

金正恩委員長は、幹部らの手を取って戦傷栄誉軍人がみんな元気か、あい路となるものはないかを親しく尋ね、軍事服務の日々に発揮した愛国心を抱いて今は人民の生活向上のための新たな持ち場を頼もしく守っている戦傷栄誉軍人を鼓舞、激励するために訪ねてきたと述べた。

金正恩委員長は、工場の全景図の前で解説を聞いた後、革命事績教育室、沿革紹介室を見て回った。

朝鮮労働党第5回大会が開かれた年である1970年10月、数台の設備を備えて簡単な鉄製日用品を生産する小さな単位に創立された工場が、全国の先頭に立って進んでいるのは金日成主席と金正日総書記の細心な指導と配慮を抜きにしては考えられないと語った。

生涯の最後の時期である2011年10月、自ら工場を訪ねて製品を見ている総書記の慈愛深い姿を収録した写真から長い間、目を離せなかった。

金正恩委員長は、工場の各所を見て回って生産状況を具体的に調べた。

工場で生産した製品を一つ一つ見ながら品種が多いだけでなく、有用に立派につくったとし、戦傷栄誉軍人の働きぶりが違うと述べた。

楽浪戦傷栄誉軍人樹脂日用品工場は、設備管理において手本、模範工場だ、全国に広く紹介、宣伝し、見習うようにしろと指示した。

金正恩委員長は、新しく築いた便益サービス施設と科学技術普及室を見て回った。

大衆風呂場、理髪室、運動治療回復室などからなっている便益サービス施設の設計と施工を立派にし、決心して築いたのが分かるとし、工場の従業員が本当に喜ぶだろうと述べた。

国の宝である戦傷栄誉軍人のためなら惜しいものがなく、健康な体で課された課題を立派に遂行するように彼らの生活をよく見守らなければならないとし、各党組織は戦傷栄誉軍人がいささかのあい路や不便を感じないように細心に気遣うことを義務と本分にしなければならないと強調した。

金正恩委員長は、工場を見て回ると戦傷栄誉軍人が革命の花を咲かせ続けるべきだという朝鮮労働党の志を体して兵士時代のように祖国と人民のための闘いの道を揺るぎなく歩み続けているということが再びよく分かったとし、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で共和国国務委員会副委員長である朴奉珠内閣総理、李周午内閣副総理、党中央委員会の安正秀部長、党中央委員会の趙甬元副部長が同行した。

    関連記事