人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は5日、米国のコリー・ガードナー上院議員が金正恩党委員長のことを冒とくしたとして、「身震いするほど後悔」させるなどと述べて反発した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

ガードナー氏は3日、米NBCとのインタビューで、核兵器開発に執着する正恩氏について「変人」「頭がおかしい」といった趣旨の言葉で非難していた。

報道官は、「米国の政客の中に事物現象に対する初歩的な判断能力はもちろん、人間の体裁まで喪失したガードナーのような人間のくずが混じっているのは、米国の不幸だ」としながら、「ガードナーは、われわれの最高の尊厳をあえて侵害した妄動について身震いするほど後悔することになる」などと述べた。

    関連記事