北朝鮮の各中央紙は3日、金日成主席が1972年5月3日、南北高位級政治会談に参加した韓国側代表との談話で「祖国統一の3大原則」発表45周年に際して署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「祖国統一運動は外部勢力依存と追従に執着すれば、全同胞がそれほど渇望する自主統一の大業をいつになっても実現できないという歴史的教訓を刻みつけさせている」と指摘。

また、「同族に対する反目と嫉視、不信と敵対を追求する反統一分裂主義勢力の対決策動を徹底的に粉砕してこそ、民族の真の和解と団結を成し遂げられるということは、対決の悪循環だけを繰り返している北南関係を通じてくみ取るようになるもう一つの重要な教訓である」と強調した。

さらに、「北南関係の歴史的教訓はまた、米国と南朝鮮のかいらいが絶え間なく繰り広げている北侵核戦争策動に終止符を打たなければ民族の安全が危うくなり、平和統一を成し遂げられないということである」と述べた。

そのうえで、「北と南が合意し、全世界に宣布した祖国統一の3大原則が、わが民族が進むべき前途を明示している」としながら、「民族挙げての統一運動の新しい歴史を記していこう」とアピールした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮の各紙 祖国統一運動の歴史的教訓について強調

【平壌5月3日発朝鮮中央通信】朝鮮の各中央紙(3日付)は、金日成主席が祖国統一の3大原則を闡明(せんめい)した45周年に際して署名入りの論説を掲載した。

論説は、曲折多き北南関係と長きにわたる祖国統一運動は外部勢力依存と追従に執着すれば、全同胞がそれほど渇望する自主統一の大業をいつになっても実現できないという歴史的教訓を刻みつけさせていると明らかにした。

北南関係が不信と対決の悪循環を繰り返し、祖国統一の前途に重大な難関が醸成されたのは全的に、南朝鮮の歴代支配層が外部勢力に対する無条件的な屈従と盲従、共助にのみ執着してきたからだと暴いた。

同族に対する反目と嫉視(しっし)、不信と敵対を追求する反統一分裂主義勢力の対決策動を徹底的に粉砕してこそ、民族の真の和解と団結を成し遂げられるということは、対決の悪循環だけを繰り返している北南関係を通じてくみ取るようになるもう一つの重要な教訓であると指摘した。

かいらい保守一味が執ように追求する同族対決政策こそ、民族大団結の道をあくまで阻む反統一論、体制上対決論であり、北南関係の改善と発展を阻害し、民族共通の繁栄を阻む重大な障害物であると主張した。

北南関係の歴史的教訓はまた、米国と南朝鮮のかいらいが絶え間なく繰り広げている北侵核戦争策動に終止符を打たなければ民族の安全が危うくなり、平和統一を成し遂げられないということであると指摘した。

北と南が合意し、全世界に宣布した祖国統一の3大原則が、わが民族が進むべき前途を明示していると強調した。

論説は、北・南・海外の全同胞は祖国統一の3大原則が指し示す道に沿って自主統一の大路を開くための闘争にこぞって立ち上がり、民族挙げての統一運動の新しい歴史を記していこうとアピールした。

    関連記事