韓国統一省の集計によると、昨年12月末までに韓国入りした脱北者の数は3万212人に及ぶ。しかし、脱北者は韓国だけにいるわけではない。中国には数万人から数十万人、ロシアには1万人が潜伏し、欧米諸国に逃れたり移住したりした人も2000人いると言われている。

(参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち

軍隊内での性行為強要

韓国在住の脱北者のうち、約7割が咸鏡北道(ハムギョンブクト、2008年の人口は約232万人)出身であることを考えると、同地ではおよそ100人に1人が脱北している計算になる。中国やロシアにいる人を含めると、その比率はさらに大きくなるだろう。両江道(リャンガンド)や平安北道(ピョンアンブクト)といった中朝国境に近いほかの地域でも、事情は似たようなものと思われる。