北朝鮮ではいま、妊娠中にもかかわらず脱北する女性が増加しているという。一体、どういうことか。

子どもが公開処刑を見学

韓国の北朝鮮専門ニュースサイトであるニューフォーカスは、昨年1月に脱北したチェさん夫婦にインタビューを行った。脱北した時、チェさんの妻は妊娠6ヶ月。そして、韓国に入国後に出産した。北朝鮮で脱北することを決意した時、家族は「脱北は子どもを生んでからでいいじゃないか」と言いながら反対した。それでも脱北に踏み切った理由をチェさんは、次のように語った。

「私たちは韓国で子どもを産みたかった。子どもに地獄のような北朝鮮を見せたくないという思いがあったからだ」

チェ夫婦が、祖国に対して絶望するのもわからなくはない。例えば、北朝鮮では子どもにも公開銃殺を見学させるおぞましい悪習が存在する。残忍な公開処刑を子どもに見せたがる親がどこの国にいるのだろうか。

(参考記事:公開処刑を「見学」に行かされる北朝鮮の小学生たち

また、北朝鮮には実際に「この世の地獄」と称され、暴力や強制労働、そして拷問に性的虐待が常態化している政治犯収容所をはじめとする拘禁施設が存在する。政治犯収容所には、本人に罪がなくても連座制で送り込まれ、一生を終える収監者もたくさんいる。

(参考記事: 謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

北朝鮮で生きていれば、落ち度はなくても何らかの理由で政治犯収容所送りになる恐怖が常に存在するわけだ。親がこうした社会で子どもを育てたくないと思うのは至極当然のことだろう。