国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)が、中国の遼寧省瀋陽で逮捕された脱北者8人の北朝鮮への強制送還を阻止しなければならないと、韓国語版の公式ウェブサイトなどを通じて訴えている。

HRWアジア局のフィル・ロバートソン局長代理によると、脱北者8人は今年3月中旬、瀋陽で交通警察の検問を受けて逮捕され、身柄を拘束されている。8人の個人情報については、北朝鮮に情報が伝わるおそれがあるため明かせないとしている。

ロバートソン氏は、中国がもし北朝鮮に強制送還する間違った行動を取れば、自国民の人権を抑圧する北朝鮮当局に協力したとして国際社会からの非難を逃れられないだろうと警告した。

(参考記事:中国で「アダルトビデオチャット」を強いられる脱北女性たち

また、HRWが昨年、脱北者を対象に行なった調査で元北朝鮮当局者から得た証言として、中国から強制送還された脱北者は、中国でキリスト教関係者と接触するなどの反国家的行為を行ったかどうかを調査される中で、ことごとく拷問にかけられていることが明らかになっているという。