北朝鮮の外務省の報道官(スポークスマン)は25日、米トランプ政権が圧力を強めていることをめぐり、「最近、米国はわが共和国を孤立、圧殺するために『最大の圧迫と関与』という新しい政策を考案し、これに対する国内外的な支持を得てみようと謀議をこらしている」と非難した。朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で述べた。同日、朝鮮中央通信が報じた。

報道官は、トランプ米大統領が、「ホワイトハウスで国務長官と国防長官をはじめとする高位人物の参加の下に議会上院議員を対象にして新しい対朝鮮政策関連非公開説明会を行うという」と指摘。

つづけて、「これは、われわれに対する圧迫を露骨に唱えたものとして、一触即発の朝鮮半島の現情勢の中で全面戦争の導火線に火をつけること同様の危険極まりない行為である」と主張した。