北朝鮮の金正恩党委員長は昨年末から、泣く子も黙る存在だった国家保衛省(秘密警察)の絶大な権力を削ぎ落とそうとしている。

専横と職権乱用を咎めて金元弘(キム・ウォノン)国家保衛相を解任、複数の幹部を処刑した上で、省全体に対して「職権を乱用して金儲けをするな」、「住民に対する暴行、拷問などの人権侵害をやめよ」などといった指示を出した。

それ以降、保衛員の態度が一変したとの情報が相次いで報告されているが、さらに彼らに追い打ちをかけるような指示が中央から下された。