北朝鮮の労働新聞は24日、米国が「『挑発抑止』という看板の下で原子力空母打撃団を朝鮮半島の周辺水域へ急派している」としながら、こうした動きに対して「朝鮮半島の情勢を一触即発の局面へ追い込む危険極まりない妄動である」と糾弾する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「原子力空母などでわれわれに手出ししようとするのは誤算である。そのような威嚇騒動が意志が薄弱な者を驚かすことができるだろうが、われわれには通じないということをはっきりと認識すべきである」と述べた。

また、「挑発者を容赦なく撃滅するのは、われわれの断固たる気質である。もし、敵が無謀な挑発をしかけてくるならわが革命武力は即時せん滅的な打撃を加えるであろうし、全面戦争には全面戦争で、核戦争には朝鮮式の無慈悲な核打撃戦で対応するであろう」と強調した。