北朝鮮の金正恩党委員長が、朝鮮人民軍航空・対空軍の4月22日泰川養豚工場を現地指導した。日時は不明だが、工場名から22日に訪れたと見られる。朝鮮中央通信が23日、報じた。

4月22日泰川養豚工場を現地指導した金正恩氏(2017年4月23日付労働新聞より)
4月22日泰川養豚工場を現地指導した金正恩氏(2017年4月23日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は工場の各所を見て回り、「工場を建設しながら愛国心を発揮して各設備の国産化比重を高い水準で保障したが、われわれものに対する自負と朝鮮式にいくらでも豊かに暮らすことができるという信念が生じる、人民軍が朝鮮労働党の国産化方針の貫徹においても先頭に立った」と語った。