北朝鮮の金正恩党委員長は21日、故金日成主席の生誕記念日(4月15日)までに年間人民経済計画を繰り上げて完遂したとして、検徳(コムドク)鉱業連合企業所クムゴル鉱山の作業小隊に祝賀電文を送った。

朝鮮中央通信が配信した祝賀電文の全文は次のとおり。

金正恩党委員長が検徳鉱業連合企業所クムゴル鉱山4・5坑コ・ギョンチャン英雄小隊の同志たちに祝賀電文を送る

【平壌4月22日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長が、金日成主席の誕生日(太陽節)に際して年間人民経済計画を繰り上げて完遂した検徳鉱業連合企業所クムゴル鉱山4・5坑コ・ギョンチャン英雄小隊の15人の同志たちに21日、祝賀電文を送った。

その全文は、次のとおり。

祝賀電文

意義深い太陽節を迎えて年間人民経済計画を繰り上げて完遂した検徳鉱業連合

企業所クムゴル鉱山4・5坑コ・ギョンチャン英雄小隊の同志たちに

私は、党と革命に限りなく忠実な朝鮮労働者階級の強靭な気概と闘志を余すところなく発揮し、民族最大の祝日である太陽節(金日成=キムイルソン主席の誕生日、4月15日)を迎えて年間鉱物生産計画を101.5パーセントで完遂するという驚くべき奇跡的成果をあげた検徳(コムドク)鉱業連合企業所クムゴル鉱山4・5坑コ・ギョンチャン英雄小隊の15人の同志たちに熱烈な祝賀と熱い挨拶を送ります。

みなさんは、金日成同志と金正日(キムジョンイル)同志の大いなる信頼と愛情の下に育ったクムゴルの英雄鉱夫らしく、国家経済発展5カ年戦略の遂行で重要な意義をもつ今年、全民総突撃戦を力強く繰り広げて社会主義経済強国建設の分水嶺をもたらせという党の戦闘的な呼びかけに応えて、意義深い光明星(クァンミョンソン)節(金正日総書記の誕生日、2月16日)と太陽節、金正日同志の現地指導記念日を契機に鉱物生産目標を繰り上げて達成するための力強い増産突撃戦を果敢に展開しました。

地下800メートルの切り羽に党に決意した戦闘目標を掲げ、天下第一強国の明るい未来を見通しながら激烈な白熱戦を繰り広げたみなさんの集団的革新は、帝国主義反動勢力があがくほど自力自強の信念を持ってマンリマ(万里馬)の速度で疾走する英雄的な金日成・金正日労働者階級の不屈の気概と不敗の威力を如実に示しています。

わが党は、経済強国建設の最前線で困難をはねのけ、勇敢に突進しているコ・ギョンチャン英雄小隊の赫々たる戦果の報告に大いに力づけられ、励まされました。

チュチェ革命の中核部隊、国の長男である英雄的労働者階級が党の不屈の攻撃的革命思想と革命的同志愛によって団結し、科学技術と競争熱風の力によって多発的かつ連発的な勝利の砲声を轟かせているがゆえに、敵対勢力の横暴無道な超強硬威嚇と野蛮な制裁策動は無力なものとなり、世人を驚嘆させるマンリマ大進軍はいっそう高揚しています。

私は、金正日同志と結んだ情を血筋のように見なして党中央と心臓の脈動を共にし、マンリマ時代の新しい神話を創造したコ・ギョンチャン英雄小隊を高く評価するとともに、戦闘員たちの増産闘争、創造闘争、突撃闘争を力いっぱい後押しした家族小隊員と鉱山の幹部たちにも謝意を表します。

わが党は、天が賜る神秘な力ではなく、ひたすら白玉のような衷情をもって党と領袖に従う偉大な人民の精神力を信じており、この世で最も立派なわが国の労働者階級の革命性と創造力に依拠して社会主義強国の建設を推し進めています。

コ・ギョンチャン英雄小隊の戦闘員たちは瞬時も休止することなく一層発奮して、マンリマ先駆者大会に向けた全民総突撃戦の先頭に立って疾風のごとく進み、クムゴル鉱山のすべての坑と小隊は英雄小隊の経験を見習って、より大きな集団的革新の炎によって検徳の労働者階級の衷情の伝統を輝かせていくべきです。

私は、検徳鉱業連合企業所クムゴル鉱山4・5坑コ・ギョンチャン英雄小隊の戦闘員と鉱山のすべての労働者がみな健康な体で、朝鮮労働党第7回大会が示した雄大な青写真に基づき、社会主義勝利の高峰を極めるための誇り高い総進軍で集団的英雄主義を強く発揮し、マンリマ旗手、マンリマ先駆者の栄誉を担うことを期待しています。

朝鮮労働党委員長

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長

朝鮮人民軍最高司令官

金正恩(キムジョンウン)

チュチェ106(2017)年4月21日

    関連記事