北朝鮮の南朝鮮人権対策協会は17日、セウォル号沈没事故3年に際して詳報を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

詳報は、「『セウォル』号大惨事は人間の仮面をかぶってあらゆる悪徳だけをこととした朴槿恵逆徒とかいらい保守一味がもたらした特大型の殺人惨劇である」と指摘。

また、「『セウォル』号が沈没したという報告を受けても、朴槿恵はすでに約束した時間に正確に美容師を青瓦台に呼び入れて、泰然自若に部屋に閉じこもって髪飾りをし、最上に下した指示というのが状況把握をできるように沈没現場を撮影した映像を持ってこいということであった」と述べた。

さらに、「『セウォル』号大惨事は、偶発的な事故や自然災害ではなかった」としながら、「より驚愕を禁じ得なくするのは、かいらい一味が『パクサモ(朴槿恵を思慕する会)』『オボイ連合』の連中をはじめとする右翼保守のごろを駆り出して事件の真相究明を求める犠牲者家族を『死体商売人』に冒とくする集会まで行うようにあおり立てたことである」と韓国保守派を非難した。

そのうで、「朴槿恵逆徒とかいらい保守一味がいくらあがいても、『セウォル』号大惨事の責任から絶対に逃れることはできず、特大型の惨劇をもたらした希世の殺人悪魔らは峻厳な審判を免れられないであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

南朝鮮人権対策協会が「セウォル」号大惨事をもたらした朴槿恵逆徒と保守一味の醜悪さと卑劣さ、道徳的低劣さを告発

【平壌4月17日発朝鮮中央通信】南朝鮮人権対策協会は、「セウォル」号大惨事3年に際して朴槿恵逆徒とかいらい保守一味の醜悪さと卑劣さ、道徳的低劣さを全世界に告発する詳報を17日、発表した。

詳報によると、「セウォル」号大惨事は人間の仮面をかぶってあらゆる悪徳だけをこととした朴槿恵逆徒とかいらい保守一味がもたらした特大型の殺人惨劇であると資料を挙げて明らかにし、次のように強調した。

惨事が起こった後、かいらい一味が振る舞った醜態はそれこそ、驚愕すべきことであったし、当局の対応はめちゃくちゃであった。

「セウォル」号が沈没したという報告を受けても、朴槿恵はすでに約束した時間に正確に美容師を青瓦台に呼び入れて、泰然自若に部屋に閉じこもって髪飾りをし、最上に下した指示というのが状況把握をできるように沈没現場を撮影した映像を持ってこいということであった。

かいらい一味は、被害者家族の涙と泣き声が天地に溢れている時に、失踪者名簿を背景に「記念写真」を撮る一方、食堂へ群がって行って食えや飲めやの酒宴を張り、くすくす笑って興に乗じてはしでテーブルまで叩きながら、「『セウォル』号自作詩」に詠う醜態を演じた。

このように「セウォル」号大惨事は、偶発的な事故や自然災害ではなかった。

詳報は、殺人犯罪の真相を覆い隠してみようとする朴槿恵とかいらい保守一味の卑劣な妄動を暴露した。

朴槿恵と手下らは、自分らが犯した人面獣心の不倫・背徳行為へ向けられた非難世論が流布しないように各方面からで邪魔し、暴圧の刃物を振り回した。

かいらい一味は、御用メディアを推し立てて「事故現場訪問」「救助活動督励」「失踪者家族慰め」などと言って朴槿恵をおだてあげたかとすれば、ある老人を被害者家族に変身させて焼香所に現れた朴槿恵が彼女を「慰める」姿を撮ってメディアに宣伝する弔問演出事件までつくり上げた。

朴槿恵は、「セウォル」号大惨事の真相究明と責任者処罰、「セウォル」号特別法制定について約束する「対国民談話」というものを発表したが、「実務的な解明も重要だが政務的判断が必要だ」という詭弁(きべん)を並べ立て、南朝鮮各界の特別法制定の要求にあくまでも顔を背けた。

結局、大惨事が発生した時から6カ月が経って沈没事件の関連者処罰はおろか、真相さえ正しく究明することができない有名無実の特別法が制定されなければならなかった。

より驚愕を禁じ得なくするのは、かいらい一味が「パクサモ(朴槿恵を思慕する会)」「オボイ連合」の連中をはじめとする右翼保守のごろを駆り出して事件の真相究明を求める犠牲者家族を「死体商売人」に冒とくする集会まで行うようにあおり立てたことである。

詳報は、朴槿恵が青瓦台から追い出されて拘置される境遇になったこんにちになってまで「セウォル」号惨事をはじめすべての犯罪行為をあくまでも否認しながら逃げ道を探してみようとあがいていることについて糾弾した。

朴槿恵逆徒が7時間の行跡を永遠に闇に葬るためにどんなにあがいているかということは、特大型の政治スキャンダルによって審判台に上がった時刻にさえ法律代理人団を推し立てて矛盾だらけの答弁書を提出する劇を演じたことを通じてもよく分かる。

一方、かいらい保守一味は引き揚げられた「セウォル」号に対する現地調査で「セウォル」号事故犠牲者、失踪者、生存者家族の対策委員会を排除してかいらい海洋水産部が独自に行うようにするなど、真相調査を妨げようとする不純な下心を余地もなくさらけ出している。

今、かいらい保守一味はまるで「セウォル」号の船体を引き上げたのが自分らの功績であるかのようにねつ造された世論を流して、それに関する白書を発表するとけん伝しながらも、事故の原因に関する内容は明示しないことにして「半分しかならない白書は発表しない方が良い」という非難が殺到するようにしている。

希代の逆賊朴槿恵とその共犯集団である保守一味をそのまま置いては、南朝鮮人民の大量死を呼ぶ第2、第3の「セウォル」号大惨事が後を絶たないであろう。

朴槿恵逆徒とかいらい保守一味がいくらあがいても、「セウォル」号大惨事の責任から絶対に逃れることはできず、特大型の惨劇をもたらした希世の殺人悪魔らは峻厳(しゅんげん)な審判を免れられないであろう。

    関連記事