最近、北朝鮮の住民が金正日の呼称を「指導者同志」「将軍様」を使わずに、「あいつ」という蔑称を使うようになった。90年代末の大飢饉のころ、多くの人々を餓死に追いやったことへの激しい怒りがその背景にある。さらには、贅沢三昧の生活、複雑な女性関係も関係していると思われる。

咸鏡南道(ハムギョンナムド)の咸興(ハムン)に住むAさんは、デイリーNKの電話インタビューに答えた。暮らし向きを問う質問に、「首領様(金日成主席)がいらしたころには食糧配給があったが、あいつは私たちに何もしてくれない」と金正日氏を「あいつ」呼ばわりした。

さらに「テレビはあいつの業績の話ばかりだから、いらいらして見たくない、テレビに登場すればスイッチを消してしまう」と語った。

国に冷遇された咸興の人びと

金正日氏に対する蔑称は、主に北朝鮮北部で使われている。家族に会うために中朝国境地域にやってきた咸興在住のBさんも、デイリーNKとの電話インタビューに同じような話をした。

咸興の人びとが金正日氏をあいつ呼ばわりする理由としてBさんは、90年代後半の大飢饉「苦難の行軍」のころ、外国からの援助食糧を送ってもらえず、全国で最も餓死者が多く発生したため、金正日氏に反感が特にひどいと説明した。

最近、韓国に来たこの地域の出身者によると、金正日氏をあいつ呼ばわりするようになったのは2005年ごろからで、市場経済化で自分の食い扶持は自分で得るようになってから、不満と不信が現れたようだと説明した。

金正日氏の公式な呼称は、80年代の「親愛する指導者同志」から、89年に朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の総司令官になってからは「将軍様」となった。以下は、Aさん、Bさんとのインタビュー内容だ。

「あいつを見ただけでいらいらする」

◯最近の金正日氏に対する北の住民の認識はどうなのか?

あいつは、私たちとは関係ない。あいつを見るだけでいらいらする。首領様がいらしたころは、贈り物も制服もただでくださり、食糧の配給もしてくださった。だけど、あいつが私たちに何をしてくれたというのか?いつもあいつの業績の話ばかり流すテレビ(朝鮮中央デレビ)は、いらいらするので見るのが嫌だ。うちの家族はテレビにあいつが出れば消してしまう。

私くらいの年代(30代)はそれでも首領様に対してはありがたいと思う心があるが、今の10代、20代はどうだろうか。生まれた時から飢えに苦しんで、学校の勉強もまともにできなかった。そうした子供たちはあいつに対する忠誠心があるだろうか。率直に言って、友人も含めて多くの人々が、こんなに毎日苦労して暮らすよりも、戦争でも起きればいいと言っている。

今は、友達どうし集まってお酒でも一杯飲めば、韓国の発展像について話す。友人は韓国の車が世界一だと羨ましがっている。

あいつらの言うことなんて誰が聞くのか?

◯最近、北朝鮮政府が住民の統制を強化している。

あいつらの言うことなんて誰が聞くのか?配給を与えて統制しても、もう従わないだろう。何もくれないのに、どうやって統制するのか。商売も勝手にできないようにして昔のように奪ったら、もう咸興の人は本当に、我慢できないだろう。

苦難の行軍の時期に、咸興の人たちが全国で最も沢山飢え死にした。他の地域は援助の食糧を受け取ったが、咸興には一度も来なかった。そのため、お上への反感が最も高い地域が咸興だ。

2003年に咸興大劇場の前で「反金正日」のシュプレヒコールが響いた。聞いた話では、デモも予定していたが、事前に発覚して主導者全員が逮捕されたらしい。

【解説】

咸興では2003年の金日成氏の生誕記念日(4月15日)を控え、咸興大劇場の壁に金正日氏を非難する落書きが発見され、保衛部(秘密警察)が大々的な捜査に乗り出したが、容疑者逮捕に至ったのかは定かでない。

(関連記事:北朝鮮大都市で反金正日落書き発見、秘密警察が捜査に乗り出す

食べていくだけでも大変、死にそう

◯商売はうまくいっているか?

とても大変だ。皆商売に依存しているが、金儲けも日々大変だ。3年前には1000北朝鮮ウォンを儲けられたが、今では難しい。それでも商売をしなくては暮らすことができない。妹は家でミシンを使って、一日中洋裁の仕事をして生計を立てている。

◯核実験のせいで食糧事情がますます厳しくなるという。

日々の食い扶持を稼ぐのに忙しい。食べていくだけでも大変で死にそうだ。

金正日氏は、人びとが次々に餓死していたころにも贅沢三昧だった。また、女性関係も非常に複雑なことで知られる。今の北朝鮮庶民がどこまで知っているかは定かではないが、事実が知れ渡れば火に油を注ぐことになることは間違いないだろう。

2007年1月12日に公開された記事です。