北朝鮮で金日成主席の生誕105周年慶祝中央報告大会が14日、平壌体育館で行われた。15日、朝鮮中央通信が報じた。

金日成主席の生誕105周年慶祝中央報告大会(2017年4月15日付労働新聞より)
金日成主席の生誕105周年慶祝中央報告大会(2017年4月15日付労働新聞より)

同通信によると、大会には金正恩党委員長が参加。また、金永南(キム・ヨンナム)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ党、国家、軍隊の責任幹部などや海外同胞祝賀団、反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部の代表が参加した。

同通信によると、大会では金永南氏が報告を行い、「主席は類例がなく厳しくて試練に満ちた朝鮮革命を陣頭に立って導いてチュチェ朝鮮の永遠の勝利と繁栄のための万年の富を築いてくれた不世出の偉人である」と、金日成氏を称えた。

また、「国家的後方も、正規武力の支援もない最悪の条件の下で日帝を打ち倒して祖国解放の歴史的偉業を成し遂げ、歩兵銃と原爆の対決とも言える峻厳な祖国解放戦争を勝利へと導いた」と主張した。

さらに、「金日成主席が切り開いた白頭の革命偉業は金正日総書記によって力強く前進してきたし、こんにち、最高指導者金正恩委員長の指導の下で新たな歴史的転換期を迎えている」と語った。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金日成主席の生誕105周年慶祝中央報告大会

【平壌4月14日発朝鮮中央通信】金日成主席の生誕105周年慶祝中央報告大会が14日、平壌体育館で行われた。

朝鮮労働党委員長で共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩同志が、大会に参加した。

大会には、金永南、黄炳瑞、朴奉珠、崔龍海の各氏をはじめ党・国家・軍隊の責任幹部と慶祝行事の代表、党・武力・省・中央機関の幹部、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、平壌市内の機関、工場・企業所の幹部、縁故者、接見者、革命烈士遺族、市民、太陽節(金日成主席の誕生日)慶祝海外同胞祝賀団、代表団、海外同胞、反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部の代表が参加した。

駐朝外交および国際機構の代表、武官、外国の賓客が、招待された。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である共和国最高人民会議常任委員会の金永南委員長が、報告を行った。

報告者は、金日成主席が生誕したチュチェ1(1912)年4月15日は朝鮮民族史にかつてなかった大開運の日であり、希世の天が賜った偉人を迎えた革命的大慶事の日であると強調した。

また、主席は類例がなく厳しくて試練に満ちた朝鮮革命を陣頭に立って導いてチュチェ朝鮮の永遠の勝利と繁栄のための万年の富を築いてくれた不世出の偉人であると激賞し、主席の革命的生涯と業績について指摘した。

代々、革命的で愛国的な万景台の家門で誕生した主席は、10代の幼い年に国と民族の運命を救うという大志を抱いて革命の壮途についた。

革命は人民の力に依拠して自国の実情に合わせて行うべきだというチュチェの原理、強力な銃剣の上に民族の自主独立も、革命の勝利もあるという先軍革命原理を闡明(せんめい)して不滅のチュチェ思想、先軍思想を創始した。

確固たる主体的立場に立って革命闘争の複数の段階と社会主義建設の各部門、各分野の理論的・実践的問題を全面的に明らかにした。

国家的後方も、正規武力の支援もない最悪の条件の下で日帝を打ち倒して祖国解放の歴史的偉業を成し遂げ、歩兵銃と原爆の対決とも言える峻厳(しゅんげん)な祖国解放戦争(朝鮮戦争)を勝利へと導いた。

建党、建国、建軍の歴史的偉業を立派に実現し、革命発展の要請に即して党・国家・軍隊を社会主義建設の強力な政治的武器に強化発展させた。

国の統一を最大の愛国偉業、民族至上の課題に提示し、革命的生涯の最後の時期まで祖国の自主的統一のための事業に自身のすべてをささげた。

精力的な対外活動で共和国の国際的地位と影響力を非常に高め、対外関係を拡大、発展させたし、反帝・自主、社会主義のために闘う各国の人民を誠心誠意援助し、人類の自主偉業の遂行を先導した。

主席が積み上げた業績の中の業績は、革命偉業継承問題を輝かしく解決してチュチェの革命偉業を最後まで継承し、完成することのできる確固たる保証をもたらしたことである。

報告者は、金日成主席が切り開いた白頭の革命偉業は金正日総書記によって力強く前進してきたし、こんにち、最高指導者金正恩委員長の指導の下で新たな歴史的転換期を迎えていると語った。

そして、金日成主席の思想と業績を万年の礎石として朝鮮革命をより高い段階へ前進させ、社会主義偉業を最後まで成し遂げるこ とについて強調した。

一方、同日、金日成主席の生誕105周年慶祝報告大会および報告会が各道・市・郡、連合企業所でも行われた。

    関連記事