北朝鮮の朝鮮法律家委員会の代弁人(スポークスマン)は14日、「シリアに対する米国の軍事攻撃は明白な侵略行為、戦争犯罪行為として国際法によって処罰を受けなければならない」とする談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、米国がシリアにミサイル攻撃を加えたことに対して、「これは、侵略の定義に関する国連総会の決議と戦争放棄に関するパリ条約、ニュルンベルク国際軍事裁判所が規定した侵略行為、戦争犯罪に該当する行為として絶対に容認されない」と指摘。