北朝鮮で13日、平壌の錦繍山(クムスサン)太陽宮殿地区に建設された黎明(リョミョン)通りの竣工式が行われた。朝鮮中央通信が14日、報じた。

黎明通りの竣工式に参加した金正恩氏(2017年4月14日付労働新聞より)
黎明通りの竣工式に参加した金正恩氏(2017年4月14日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩党委員長が竣工式に参加した。また、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ党、国家、軍隊の関係者や、建設に参加した軍人建設者、突撃隊員、平壌市民、海外同胞祝賀団、駐朝外交および国際機構の代表夫妻、外国の賓客などが参加した。

竣工式では、朴奉珠氏が、竣工の辞で「黎明通り完工の壮快な勝利の砲声は、主席と総書記にささげる千万軍民の誇らしい勝利の報告であり、民族最大のめでたい祝日である太陽節(金日成主席の誕生日)をいっそう喜びで満ち溢れるように飾る慶祝の祝砲の音である」と述べた。

黎明通りの竣工式(2017年4月14日付労働新聞より)
黎明通りの竣工式(2017年4月14日付労働新聞より)

金正恩氏が、竣工のテープを切り、「熱狂の歓呼の声を上げる人々に手を振って温かく答礼した」と同通信は伝えた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長の参加の下、黎明通りの竣工式を盛大に行う

【平壌4月13日発朝鮮中央通信】金日成主席の生誕105周年を民族最大のめでたい祝日として盛大に迎えるための慶祝の熱気が日に日に高まる中、チュチェの最高の聖地である錦繍山太陽宮殿地区に壮大かつ華麗な黎明(リョミョン)通りがこれ見よがしに建設された。

現代建築通りのモデル、標準に、労働党時代の理想郷にうち建てられた黎明通りは、金日成主席と金正日総書記に朝鮮の軍隊と人民が謹んでささげる衷情の贈物である。

黎明通りの竣工(しゅんこう)式が、13日に盛大に行われた。

朝鮮労働党委員長で共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩同志が、竣工式場に姿を現した。

黄炳瑞、朴奉珠、崔龍海の各氏をはじめ党・国家・軍隊の責任幹部と党・武力、省・中央機関の幹部、金日成主席の生誕105周年慶祝行事の代表、建設に参加した軍隊と社会の幹部、軍人建設者、突撃隊員、平壌市内の機関、工場・企業所の幹部、科学者、教育者、青年学生、市民が竣工式に参加した。

また、海外同胞祝賀団、代表団、海外同胞と反帝民族民主戦線(反帝民戦)平壌支部の代表、駐朝外交および国際機構の代表夫妻、武官夫妻、外国の賓客が参加した。

朴奉珠氏が、竣工の辞を述べた。

同氏は、黎明通り完工の壮快な勝利の砲声は、主席と総書記にささげる千万軍民の誇らしい勝利の報告であり、民族最大のめでたい祝日である太陽節(金日成主席の誕生日)をいっそう喜びで満ち溢れるように飾る慶祝の祝砲の音であると述べた。

黎明通りは、人民に最高の文明を最上の水準で与えようとする母なる朝鮮労働党の志が凝縮している人民愛の永遠の記念碑であると強調した。

最高指導者金正恩委員長が黎明通りの建設を宣布したのに続き、建設の全過程を精力的に導いたことに言及した。

偉大な金正恩時代の象徴である黎明通りは、朝鮮労働党の呼び掛けなら山も移し、海も埋める朝鮮の軍隊と人民の不屈の精神力と自力自強の底知れない力によって建てられたマンリマ(万里馬)時代の誇らしい建造物であると語った。

最高指導者金正恩委員長が、竣工のテープを切った。

金正恩委員長は、熱狂の歓呼の声を上げる人々に手を振って温かく答礼した。

竣工式に続き、党・国家・軍隊の責任幹部と共にすべての参加者は完工した黎明通りを見て回った。

    関連記事