朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総参謀部の報道官(スポークスマン)は10日、朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で、「われわれに対する手先らの挑発的妄動に対している米国の二重的かつ二面主義的な行為に対しては一言言わざるを得ない」と述べた。同日、朝鮮中央通信が報じた。

聯合ニュースによると、韓国軍は、北朝鮮全域を射程圏内に収める射程800キロの弾道ミサイルの発射実験に成功したことが6日に明らかになっている。

報道官は、「かいらいが『北の全域を打撃できる』だの、『今年中に射程800キロの弾道ミサイル“玄武”を実戦配置する』だの、何のとして挑発的妄言をむやみに吐いているが、予見した通り米国はそれについて知らん顔をして一言半句もしていない」と指摘。

つづけて、「わが軍隊の通常のロケット発射訓練に対する対応とはあまりにも相異なる対照を成す鉄面皮な行動である」と強調した。

また、「上司の不公正な二重基準と黒白を転倒する二面的な行為に力を得た南朝鮮のかいらい好戦狂と日本の反動層は今、天も恐れず無分別にのさばっている」としながら、「南朝鮮のかいらい好戦狂と日本の反動層も、愚かにのさばってはいけない。米国の白昼強盗さながらの二重基準はいささかも許されない」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮人民軍総参謀部代弁人、米帝の白昼強盗さながらの二重基準はいささかも許されない

【平壌4月10日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍総参謀部のスポークスマンは、米国がわが軍隊の自衛的措置に言い掛かりをつけ、自分らに追従する手先らの挑発的行為については無鉄砲に黙認しながら鉄面皮に振る舞っていることに関連して10日、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

スポークスマンは、われわれに無鉄砲に言い掛かりをつけることに長けている米国はわが軍隊の訓練が行われるたびにいわゆる大変な事でも起きたかのように「挑発」や「脅威」のほらを大げさに吹いて有象無象を総糾合して国連舞台でまで反共和国策動に熱を上げていることについて明らかにし、次のように強調した。

対朝鮮敵視に狂った米国のこのような妄動は、別に新しいことでも、驚くべきことでもない。

しかし、われわれに対する手先らの挑発的妄動に対している米国の二重的かつ二面主義的な行為に対しては一言言わざるを得ない。

今、かいらいが「北の全域を打撃できる」だの、「今年中に射程800キロの弾道ミサイル『玄武2』を実戦配置する」だの、何のとして挑発的妄言をむやみに吐いているが、予見した通り米国はそれについて知らん顔をして一言半句もしていない。

わが軍隊の通常のロケット発射訓練に対する対応とはあまりにも相異なる対照を成す鉄面皮な行動である。

米国が心の底が見え透いている幼稚な権謀術数に執着している理由はあまりにも明白である。

それは、メンツと公正さをすべて投げ捨ててでもわれわれをなんとしても力で圧殺しようとするところにある。

まさに、これが世界の「裁判官」のように振る舞う米国の本性である。

上司の不公正な二重基準と黒白を転倒する二面的な行為に力を得た南朝鮮のかいらい好戦狂と日本の反動層は今、天も恐れず無分別にのさばっている。

米国は、独善的かつ一方的な基準をものさしにしてわれわれに対してきた結果が招く甚だしい悪結果について熟考すべきである。

南朝鮮のかいらい好戦狂と日本の反動層も、愚かにのさばってはいけない。

米国の白昼強盗さながらの二重基準はいささかも許されない。

    関連記事