4月15日は金日成主席の105回目の生誕記念日(太陽節)だ。北朝鮮では「民族最大の名節」として様々なイベントが行われる。そして、この日は単なるお祝いにとどまらず、政治的にも非常に重要な意味を持つ。

金正恩党委員長は、北朝鮮の人々が金日成主席に対して持つ「懐かしみ」を利用して、自らを白頭の血統の正式な継承者としての立場をより強固なものにしようとしている。ところが、この「懐かしみ」が以前ほどではないというのだ。

    関連記事