採算を度外視し、何らかの政治的な理由で就航したと思われるこの路線だが、今後の集客にも困難が予想されており、現在の週2便体制で安定的に収益を生み出せなければ、定期路線への昇格はおろか、路線の維持すら難しいだろうと情報筋は見ている。

(関連記事:高麗航空新路線が歓迎されない訳

    関連記事