北朝鮮の金正恩党委員長は昨年末、秘密警察である国家保衛省(以下保衛省)に対して大々的な検閲(監査)を行うよう、朝鮮労働党組織指導部に指示した。その結果、保衛省のトップを務めていた金元弘(キム・ウォノン)氏が解任され、複数の幹部が処刑された。

(関連記事:「子供の歌のほめ方が悪い」で拷問・処刑…北朝鮮「秘密警察」粛清の舞台裏

シラケる国民

この検閲が最近になって終了したと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。一方で、4月からは2次検閲が始まるとも伝えている。