朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総参謀部の報道官(スポークスマン)は26日、現在行われている米韓合同軍事演習に対して警告を発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

警告は、「米大統領の直接的な指示によって、相手側の『首脳部除去作戦』などを専門に強行して『変身術を使う武士部隊』に知られている『デブグルー』(いわゆるネイビー・シールズの6チーム)と『ホワイトハウス別働隊』と呼ばれる合同特殊戦司令部所属『デルタ・フォース』の悪党まで投入した」と指摘。

また、「米帝とかいらい軍部好戦狂らは、世界的に悪名をとどろかしたこれらの部隊が現地で繰り広げている『特殊作戦』訓練の目的が『北の首脳部除去』のための『斬首作戦』と核・ロケット基地をなくすための『先制打撃』作戦に基本を置いているということを隠していない」と主張した。

そのうえで、北朝鮮軍総参謀部は、次のように警告した。

1.われわれの最高の尊厳を狙った米帝とかいらい軍部好戦狂らの「特殊作戦」の悪巧みが明白になり、危険極まりない「先制打撃」企図までさらけ出した以上、朝鮮式の先制的な特殊作戦、朝鮮式の先制打撃戦でそのすべての策動を無慈悲に粉砕するというわが軍隊の立場を布告する。

2.われわれを狙った「特殊作戦」と「先制打撃」に投入された米国とかいらいの作戦手段と兵力が南朝鮮とその周辺にそのまま展開されている限り、任意の時刻に事前警告もなしにわが軍隊のせん滅的打撃が加えられるということを銘記すべきであろう。

3.いったん、われわれに対する「特殊作戦」「先制打撃」が開始されれば、それはすなわち米帝国主義の悲惨な壊滅と南朝鮮かいらいの最後の滅亡を告げる歴史的出来事につながるであろう。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮人民軍総参謀部 米帝と南朝鮮かいらい一味の「特殊作戦」策動を朝鮮式の特殊作戦で粉砕する

【平壌3月26日発朝鮮中央通信】米帝と南朝鮮のかいらいが、30万人余りの侵略武力と「カール・ビンソン」号原子力空母打撃団、B1Bをはじめとする核戦略資産を総投入した状態で侵略的な合同軍事演習をヒステリックに繰り広げている。

ごく無謀に行われているこの実戦演習は、わが軍隊と人民の非常な核抑止力強化を阻止させて核使用権を奪取するにはわれわれの「命令権者」を事前に「除去」し、主要戦略的対象を破壊すべきだという目標を掲げた「特殊作戦」の実行に主眼を置いていることによって生じた事態の重大さをなおいっそう倍加させている。

訓練を口実に今回の「特殊作戦」に投入された殺人鬼の群れだけでも、米帝侵略軍陸軍の第75空輸連隊のレインジャー部隊、第1、第19特殊戦戦団(グリーンベレー部隊)、空軍の第353特殊戦団、海軍第1特殊戦団1、3、5、7チーム、陸軍第25師団第1ストライカー旅団の2個大隊、第66機甲連隊の1個大隊、海兵隊第31海兵遠征団をはじめ、昨年よりも三倍も多い3000人余りに及ぶ。

特に、米大統領の直接的な指示によって、相手側の「首脳部除去作戦」などを専門に強行して「変身術を使う武士部隊」に知られている「デブグルー」(いわゆるネイビー・シールズの6チーム)と「ホワイトハウス別働隊」と呼ばれる合同特殊戦司令部所属「デルタ・フォース」の悪党まで投入した。

今、米帝とかいらい軍部好戦狂らは、世界的に悪名をとどろかしたこれらの部隊が現地で繰り広げている「特殊作戦」訓練の目的が「北の首脳部除去」のための「斬首作戦」と核・ロケット基地をなくすための「先制打撃」作戦に基本を置いているということを隠していない。

朝鮮人民軍総参謀部は26日、スポークスマンを通して発表した警告で、これらすべての動きは対朝鮮敵視政策と同族対決政策の総破たんによって破滅の危機に陥った米帝とかいらい軍部好戦狂らの最後のあがき、最後の賭博であるため、よりいっそう危険極まりない冒険性を帯びていると暴き、次のように強調した。

朝鮮人民軍総参謀部は、現情勢がこれ以上放置することのできない極点に至ったことに関連して、特大型の挑発者らに次のように警告する。

1.われわれの最高の尊厳を狙った米帝とかいらい軍部好戦狂らの「特殊作戦」の悪巧みが明白になり、危険極まりない「先制打撃」企図までさらけ出した以上、朝鮮式の先制的な特殊作戦、朝鮮式の先制打撃戦でそのすべての策動を無慈悲に粉砕するというわが軍隊の立場を布告する。

他国、他の地域で味をしめたという白昼強盗さながらの「特殊作戦」と「先制打撃」が白頭山革命強兵が守っているこの地でも通じると思うなら、それよりも大きな誤算はないであろう。

2.われわれを狙った「特殊作戦」と「先制打撃」に投入された米国とかいらいの作戦手段と兵力が南朝鮮とその周辺にそのまま展開されている限り、任意の時刻に事前警告もなしにわが軍隊のせん滅的打撃が加えられるということを銘記すべきであろう。

凶器を持ち出した強盗の群れがオオカミの牙をむき出して呑み込もうと狙っているのをはっきりと見ながら、袖手傍観するわが軍隊ではない。

3.いったん、われわれに対する「特殊作戦」「先制打撃」が開始されれば、それはすなわち米帝国主義の悲惨な壊滅と南朝鮮かいらいの最後の滅亡を告げる歴史的出来事につながるであろう。

米国と南朝鮮のかいらいが年代と世紀を継いでわれわれと対決しながらも、われわれの最高の尊厳をどうにかしてみようとすることや、われわれの自主権を害しようとするのがどんなにばかげており、たわいないことなのかをいまだ知らないのは、世紀的悲劇だと言わざるを得ない。

米国と南朝鮮のかいらいは、天下非道な軍事的妄動がもたらす破局的結果に対して熟考すべきである。

わが軍隊は、空言を吐かない。

    関連記事