先月13日に発生した北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に関与したとして、ベトナム人の女が逮捕、起訴された。

ベトナム国内でもこのニュースは大きく報じられ、救援を求める声が高まっている。同時に、ベトナム政府に対して「無策」だと批判する声も上がっている。米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)の英語版が報じている。

ドアン被告とインドネシア人のシティ・アイシャ被告は「いたずら番組だと思った」として、一貫して殺意を否認。一方、マレーシア警察は、2人がショッピングセンターなどで「繰り返し予行演習をしていた」と指摘し、毒物を扱うことを認識していたと見ている。