マレーシア駐在の北朝鮮大使が、国外追放通告を受け、マレーシアから出国した。

マレーシア駐在のカン・チョル北朝鮮大使は、6日午後3時過ぎ(現地時間)、クアラルンプールの北朝鮮大使館を出て、クアラルンプール国際空港に向かった。

午後4時40分に空港に到着したカン大使は、午後6時25分のマレーシア航空360便に搭乗した。北京経由で平壌に戻るものと思われる。マレーシアの華語紙、星洲日報は、カン大使はエコノミークラスのチケットを持ち、111キロもの荷物を預けたと報じた。