北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害されてから2週間余りが経った。北朝鮮当局は、事件のうわさが国内に広まるのを防止するために、中朝国境地域を中心に「あの手この手」で住民に対する心理作戦を行っている。その中には、正恩氏がある女子高生に対して「特別な配慮」をした、という内容も含まれるという。

性的暴行も

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、最近、会寧(フェリョン)市の保衛局(秘密警察)が住民を対象にした講演で、「米帝(米国)と南朝鮮傀儡(韓国)が反共和国抹殺策動に血眼になっていて、我が人民を拉致しようとしている」「敵の魔の手にひっかかってはならない」などと宣伝しているという。