北朝鮮の朝鮮法律家委員会の代弁人(スポークスマン)は22日、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に関連したマレーシア政府の対応を糾弾する談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、死亡した人物は「外交パスポート所持者であるわが共和国の公民」としながら氏名などは明らかにせず、「マレーシアの外務省と病院は共和国公民に対する領事保護権を行使しているマレーシア駐在わが大使館に心臓ショックによる死亡であることを確認し、遺体をわが大使館に移管して火葬することにしたことを通報した」と述べた。

また、「ところが、その日の夜、南朝鮮の保守メディアが『政府消息筋』によるものだとして誰それによる『毒殺』を主張するやいなや、マレーシア秘密警察が介入してそれを無鉄砲に既定事実化し、遺体の剖検問題を提起したことから問題が複雑になり始めた」と指摘した。

さらに、「死者が外交パスポート所持者としてウィーン協約によって治外法権の対象なので絶対に剖検を行うことはできないということを明白に主張した。しかし、マレーシアはわれわれの正当な要求と国際法を無視してわれわれとのいかなる合意や立ち会いもなしに遺体の剖検を強行したばかりか、剖検の結果も発表せず、2次剖検まで行うと騒ぎ立てた」としながら、「これはわが共和国の自主権に対する露骨な侵害、人権に対する乱暴な蹂躙であり、人倫道徳にも反する反人倫的な行為である」と糾弾した。

談話は、韓国メディアが「遺体の剖検結果が発表される前に『北朝鮮偵察総局の女性要員2人による毒殺』だの、『北朝鮮の仕業に違いない』などというデマをむちゃに飛ばしはじめた」としながら、「これは明白に、南朝鮮当局が今回の事件を以前から予見しており、そのシナリオまであらかじめ作っておいたということを示している」と主張した。

それに続き、「ところが、唯一、マレーシアだけがこのような事実に顔を背けているのは実に遺憾だと言わざるを得ない。わが公民がマレーシアで死亡しただけに、それに対する最大の責任はマレーシア政府にある」とマレーシア政府を非難した。

さらに、「殺人容疑者が陳述したという『手のひらに搾り落とした油のような液体を頭に塗ってやった』ので死者が毒殺されたというが、手につけた女性は生きており、それを塗られた人は死ぬというそのような毒薬がどこにあるかということである」としながら、毒殺という見方に対して疑問を呈した。

そのうえで、「法律家代表団を直接現地に送って殺人容疑者に会って彼女らの陳述も聞き、彼女らが誰の指示を受けたのかを確認し、逮捕されたわが公民にも会ってみて事件現場と映像資料などを具体的に調査して事件の捜査を公正に締めくくろうということである」としながら、「尊厳ある自主の強国、核強国のイメージをダウンさせようとするいかなる企図も絶対に許さず、今回の事件の内幕を最後まで掘り下げるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮法律家委員会代弁人 マレーシアの非友好的な態度を糾弾

【平壌2月23日発朝鮮中央通信】去る2月13日、マレーシアで外交パスポート所持者であるわが共和国の公民が航空機の搭乗を前にして急にショック状態になって病院へ移送される途中、死亡した。

当初、マレーシアの外務省と病院は共和国公民に対する領事保護権を行使しているマレーシア駐在わが大使館に心臓ショックによる死亡であることを確認し、遺体をわが大使館に移管して火葬することにしたことを通報した。

これに応じてわが大使館は死者の身分を確認し、遺体を移管することを求めた。

ところが、その日の夜、南朝鮮の保守メディアが「政府消息筋」によるものだとして誰それによる「毒殺」を主張するやいなや、マレーシア秘密警察が介入してそれを無鉄砲に既定事実化し、遺体の剖検問題を提起したことから問題が複雑になり始めた。

わが大使館は、心臓ショックによる死亡と結論されただけに、剖検を行う必要がなく、さらに死者が外交パスポート所持者としてウィーン協約によって治外法権の対象なので絶対に剖検を行うことはできないということを明白に主張した。

しかし、マレーシアはわれわれの正当な要求と国際法を無視してわれわれとのいかなる合意や立ち会いもなしに遺体の剖検を強行したばかりか、剖検の結果も発表せず、2次剖検まで行うと騒ぎ立てた。

朝鮮法律家委員会のスポークスマンは22日の談話で、これはわが共和国の自主権に対する露骨な侵害、人権に対する乱暴な蹂躙(じゅうりん)であり、人倫道徳にも反する反人倫的な行為であると糾弾した。

談話は、さらに重大視せざるを得ないのは、マレーシアの不当な行為が南朝鮮当局が起こした反共和国謀略騒動とタイミングを合わせて働かされていることである。

南朝鮮保守メディアは、遺体の剖検結果が発表される前に「北朝鮮偵察総局の女性要員2人による毒殺」だの、「北朝鮮の仕業に違いない」などというデマをむちゃに飛ばしはじめた。

わが公民が死亡した翌日である14日、青瓦台が沸き返り、16日に長官級会議が開かれるなど、南朝鮮当局の反応は目立つように現れ、しまいにはわが公民の死亡と何の関わりもない「THAAD」配備問題まで公然と論議された。

これは明白に、南朝鮮当局が今回の事件を以前から予見しており、そのシナリオまであらかじめ作っておいたということを示している。

ところが、唯一、マレーシアだけがこのような事実に顔を背けているのは実に遺憾だと言わざるを得ない。

わが公民がマレーシアで死亡しただけに、それに対する最大の責任はマレーシア政府にある。

マレーシアの非友好的な態度は、遺体移管問題でいっそうはっきり現れた。

不法的かつ非道徳的な方法で遺体の剖検と法医学鑑定をしたなら当然、われわれに遺体を引き渡すべきだが、マレーシア法によって死者の家族のDNA見本を提出する前には遺体を引き渡すことができないという途方もない口実を設けていまだに遺体を引き渡していない。

これは、マレーシアが国際法と人倫道徳は眼中にもなく、遺体移管問題を政治化していかなる不純な目的を達成してみようとすることを示す。

次に、事件の当初、殺人容疑者を逮捕したと大げさにけん伝したが、その後、それについて全く言及さえしていないことである。

さらに、とてつもないのは殺人容疑者が陳述したという「手のひらに搾り落とした油のような液体を頭に塗ってやった」ので死者が毒殺されたというが、手につけた女性は生きており、それを塗られた人は死ぬというそのような毒薬がどこにあるかということである。

われわれはすでに、今回の事件の正確な解明のための共同捜査を提起し、わが法律家代表団を派遣する準備ができているということを明らかにしたことがある。

法律家代表団を直接現地に送って殺人容疑者に会って彼女らの陳述も聞き、彼女らが誰の指示を受けたのかを確認し、逮捕されたわが公民にも会ってみて事件現場と映像資料などを具体的に調査して事件の捜査を公正に締めくくろうということである。

われわれは、尊厳ある自主の強国、核強国のイメージをダウンさせようとするいかなる企図も絶対に許さず、今回の事件の内幕を最後まで掘り下げるであろう。

われわれは、マレーシアの今後の態度を見守る。

    関連記事