北朝鮮の朝鮮法律家委員会の代弁人(スポークスマン)は22日、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件に関連したマレーシア政府の対応を糾弾する談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、死亡した人物は「外交パスポート所持者であるわが共和国の公民」としながら氏名などは明らかにせず、「マレーシアの外務省と病院は共和国公民に対する領事保護権を行使しているマレーシア駐在わが大使館に心臓ショックによる死亡であることを確認し、遺体をわが大使館に移管して火葬することにしたことを通報した」と述べた。

また、「ところが、その日の夜、南朝鮮の保守メディアが『政府消息筋』によるものだとして誰それによる『毒殺』を主張するやいなや、マレーシア秘密警察が介入してそれを無鉄砲に既定事実化し、遺体の剖検問題を提起したことから問題が複雑になり始めた」と指摘した。