マレーシア警察のカリド・アル・バカール長官は22日午前、記者会見を開き、金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件について、新たに2人の容疑者の氏名を明らかにした。

新たに発表されたのは、北朝鮮大使館の2等書記官、ヒョン・グァンソン(44歳)容疑者と、北朝鮮の国営航空会社、高麗航空社員のキム・ウギル(37歳)容疑者の2人。以前の記者会見では「(関与が)確認ができていない」との理由で、詳細が発表されなかった人物だ。

金正男氏殺害事件に関与したと思われる複数の北朝鮮国籍の容疑者は、まだマレーシアに留まっており、警察は出頭命令を出している。

    関連記事