13日にマレーシアで殺害された北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏の長男の金漢率(キム・ハンソル)氏が、すでに現地の病院でDNAサンプルの採取・提供を終えているとの情報が出てきた。22日、マレーシアの華語紙・中国報が伝えている。

同紙は消息筋の話として、20日夜にクアラルンプール国際空港に到着したハンソル氏は、身辺保護と取材攻勢を回避する目的から、警察特殊部隊(STAFOC)のユニフォームと覆面を着けて空港を離脱。その後、サブマシンガンで武装した同隊員らに護衛されてクアラルンプール病院を訪れ、DNAサンプルの採取を行ったという。

「煙たい存在」

この日、空港にも病院にも内外の記者200~300人が殺到していたが、どうやら空港では、記者陣が根負けしたところでハンソル氏の離脱が行われたということのようだ。また病院でも、特殊部隊員に偽装したハンソル氏をメディアが見破れるはずもない。