13日にマレーシアで殺害された北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が以前、父親である金正日総書記に弟(正恩氏)からの脅威を訴える手紙を送っていたと、米政府系のラジオ・フリー・アジアが21日に伝えた。

RFAに対北朝鮮情報関係者が明かしたところによれば、正男氏は2010年6月29日、マカオから平壌へファクスで手紙を送信。同じものを妻にもメールで送った。

「運命受け入れる」

手紙を入手して分析したこの関係者によると、正男氏は手紙に「しばらく前に私と私の家族に関連のある人すべてを『殺生簿』に載せ、国家安全保衛部の者が捕まえて行った」と記しているという。

    関連記事