金正男氏を暗殺したと見られる女工作員を最後に目撃したクアラルンプール国際空港のタクシー乗り場の誘導係の人物が「何も覚えていない」と語っている。マレーシアの英字紙、ザ・スターが報じた。

クアラルンプール国際空港のLCCターミナルのタクシー乗り場を記録した監視カメラには、3週間前から誘導係を務めるアランさんが、女工作員からタクシークーポンを受け取り、パンチで穴を開ける様子が映っている。

その映像が公開されるや、彼のもとには親戚や友人、メディアや警察から電話が殺到し、弱りきっているという。