北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所は12日、金正日総書記の生誕記念日である光明星節(2月16日)を前にして、正日氏の業績を称える記念報告書を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

報告書は、「国と民族の運命、世界の平和と安全に対する崇高な使命感を身につけた総書記は、先軍革命路線を確固と堅持し、先軍政治を全面的に施した」と指摘。

また、「総書記は1993年、米国が無謀な戦争演習を行ったことによって朝鮮半島に一触即発の核戦争の危険が生じた時、準戦時状態の宣布と核兵器不拡散条約の脱退という断固たる措置で米国の侵略企図を破綻させた」と主張した。

さらに、「総書記は、核には核で対抗するという戦略的決断を下した」としながら、「2006年10月、初の地下核実験を行い、2009年5月には2次地下核実験を行った。共和国の核保有が持つ抑止効果によって、朝鮮半島での戦争勃発の危険は著しく少なくなるようになった」と述べた。

そのうえで、「金正日総書記が積み上げた不滅の業績が光り輝き、朝鮮半島と世界の平和と安全を頼もしく守っている金正恩元帥の賢明な指導があるがゆえに、共和国は今後も、われわれの力でわが国家の平和と安全を守り、世界の平和と安定を守り抜くことにも積極的に寄与する」と報告書は強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省軍縮・平和研究所 朝鮮半島と世界の平和と安全保障のために積み上げた金正日総書記の業績を称賛

【平壌2月12日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省軍縮・平和研究所が、金正日総書記が朝鮮半島と世界の平和と安全保障のために積み上げた業績を伝える記念報告書を12日に発表した。

報告書は、金正日総書記が朝鮮半島で戦争を防止したことについて明らかにした。

国と民族の運命、世界の平和と安全に対する崇高な使命感を身につけた総書記は、先軍革命路線を確固と堅持し、先軍政治を全面的に施した。

どんな代償を払っても、国の防衛力を強化しなければならないという総書記の鉄の意志と精力的な指導によって、朝鮮の国防工業は強大かつ威力ある自衛的国防工業にさらに強化発展した。

先軍政治によってもたらされた無尽強大な国防力は、帝国主義者の侵略策動を粉砕して祖国の安全と社会主義の城塞をしっかり守られるようにした保証となった。

共和国は、総書記が築き上げた強力な軍事的力に基づいて、米国とその追随勢力のエスカレートする軍事的圧力と侵略策動をそのつど余地もなく粉砕した。

総書記は1993年、米国が無謀な戦争演習を行ったことによって朝鮮半島に一触即発の核戦争の危険が生じた時、準戦時状態の宣布と核兵器不拡散条約の脱退という断固たる措置で米国の侵略企図を破綻(たん)させた。

わが軍隊は1996年4月、停戦協定を乱暴に蹂躙(じゅうりん)して軍事境界線非武装地帯に重兵器を引き込んで情勢を極度に激化させた米国と南朝鮮軍部好戦狂らの無分別な策動を断固たる物理的行動で評定した。

1998年の末、米国がわれわれに対する先制打撃計画である「作戦計画5027」を具体的に公開した時には、われわれに手出しする者はこの惑星のどこにいてもわれわれの打撃圏内から絶対に逃れられないという声明を発表し、実際の軍事的能力を誇示して敵の侵略企図を破綻させた。

総書記は、核には核で対抗するという戦略的決断を下した。

これによって、2003年1月10日、共和国政府は10年間中止させていた核兵器不拡散条約脱退の効力を発効させて条約から完全に脱退する断固たる自衛的措置を講じた。

条約から脱退した時から3年後である2006年10月、初の地下核実験を行い、2009年5月には2次地下核実験を行った。

共和国の核保有が持つ抑止効果によって、朝鮮半島での戦争勃(ぼっ)発の危険は著しく少なくなるようになった。

総書記が核抑止力を中枢とする自衛的軍事力を強固にし、米国の戦争挑発策動をそのつど粉砕することによって、朝鮮半島と世界の平和と安全は頼もしく守られるようになった。

報告書は、金正日総書記が共和国政府が朝鮮半島と地域で恒久的な平和を保障するための公明正大で現実性のある提案を打ち出し、その実現のために一貫した努力を傾けるように賢明に導いたことについて伝えた。

共和国政府は、1974年3月に朝米間に平和協定を締結することに関する提案、1994年4月に朝鮮半島で戦争の再発を防ぎ、恒久平和を裏付けられる新しい平和保障システムを樹立することに関する提案、1996年2月にそれをより具体化した朝米暫定協定締結提案などで、恒久平和保障システムの樹立を志向した努力をねばり強く傾けてきた。

総書記は、1997年8月4日、国の統一を武力行使に頼らず、平和的方法によって実現することに関する原則的な立場を闡(せん)明し、そのために米国が共和国に対する敵視政策を放棄し、朝米間に平和協定を締結して朝鮮半島に新しい平和保障システムを立てるべきだと明らかにした。

2000年10月、総書記の特使の訪米の際に朝鮮半島で緊張状態を緩和し、停戦協定を恒久平和保障システムに変えて朝鮮戦争を公式に終息させるいろいろな方途があるということで見解を共にするという共同コミュニケが発表された。

共和国政府は、朝鮮半島の平和と安全保障のための4者会談、6者会談のような多国間会談にも積極的に参加して問題の論議に真しに臨んだ。

総書記の遠大な祖国統一思想と平和保障構想によって、北南間に多岐の往来と接触、協力が活発となり、ついに2000年に北南最高位級の対面で6・15共同宣言が発表されることによって、朝鮮民族同士が朝鮮半島の平和を保障し、統一を実現することのできる民族共通の統一大綱がもたらされた。

その後、北南間には西海海上で偶発的衝突を防止し、軍事境界線地域での宣伝活動を中止し、宣伝手段を取り除くことに関する合意が採択、履行され、政治、経済、文化をはじめとする各分野での協力が活性化した。

2007年の歴史的な北南最高位級対面では、現停戦システムを終息させて恒久的な平和システムを構築していかなければならないということで認識を共にし、直接関連する3者、または4者の首脳が朝鮮半島地域で会って終戦を宣言する問題を推し進めるために協力していくことで合意した10・4宣言が採択された。

報告書は、朝鮮半島と世界の平和と安全保障のために積み上げた総書記の不滅の業績はこんにち、最高指導者金正恩元帥の非凡な指導によってさらに燦然たる光を放っていると強調した。

共和国の無尽強大な国力がいっそう固められ、北南関係の改善と国の統一がこれ以上後回しすることのできない時代的要求に提起されているこんにち、米国と周辺諸国が朝鮮の戦略的地位と自主統一意志を尊重し、それ相応に政策調整を行うのは、朝鮮半島と地域で恒久的な平和と安全を実現するための現実的な方途になると明らかにした。

金正日総書記が積み上げた不滅の業績が光り輝き、朝鮮半島と世界の平和と安全を頼もしく守っている金正恩元帥の賢明な指導があるがゆえに、共和国は今後も、われわれの力でわが国家の平和と安全を守り、世界の平和と安定を守り抜くことにも積極的に寄与すると報告書は強調した。

    関連記事