北朝鮮の労働新聞は10日、「朝鮮中央通信の宇宙征服の道はすなわち革命の道だ」としながら、同国が「人工衛星の打ち上げ」と主張する事実上の長距離弾道ミサイルの発射を正当化する狙いがあると見られる署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「われわれの宇宙開発は、第一歩から敵対勢力の軍事的圧迫と経済的封鎖の中で行われた。昨年、わが共和国が地球観測衛星『光明星4』号を成功裏に打ち上げた時も、米国とその追随勢力は常套的な手口通り国連安保理で悪らつな対朝鮮『制裁決議』をつくり上げた」と指摘。

また、「しかし、人工衛星製作および打ち上げ国としてのわれわれの地位は敵対勢力が否定するからといって決して変わらず、宇宙開発事業は誰かが反対するからといって諦める事業ではない。いかなる威嚇や圧力も、われわれの意志と決心を変えることはできなかった」と強調した。

さらに、「われわれの宇宙征服の道は、すなわち自主の道である。われわれは民族の尊厳と自尊心をかけて宇宙開発を行っており、これはわが党と人民が選択した道である」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮の宇宙征服の道は革命の道、自主の道

【平壌2月10日発朝鮮中央通信】10日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮の人工衛星の打ち上げだけを問題視して制裁を加えている米国をはじめとする敵対勢力の策動によって、われわれの宇宙開発事業は闘争を伴っていると明らかにした。

論説は、朝鮮の宇宙征服の道はすなわち革命の道だとし、次のように指摘した。

われわれの宇宙開発は、第一歩から敵対勢力の軍事的圧迫と経済的封鎖の中で行われた。

昨年、わが共和国が地球観測衛星「光明星4」号を成功裏に打ち上げた時も、米国とその追随勢力は常套的な手口通り国連安保理で悪らつな対朝鮮「制裁決議」をつくり上げた。

多くの国々が、朝鮮が衛星の打ち上げを中止しろという米国の要求を受け入れなければ好ましくない結果が出ると懸念し、一部の国々はわれわれが衛星を打ち上げることに対して快く思わなかった。

しかし、人工衛星製作および打ち上げ国としてのわれわれの地位は敵対勢力が否定するからといって決して変わらず、宇宙開発事業は誰かが反対するからといって諦める事業ではない。

いかなる威嚇や圧力も、われわれの意志と決心を変えることはできなかった。

宇宙征服の道が決して平坦な道ではなかったが、われわれは躊躇(ちゅうちょ)することなく歩んできた。

われわれの宇宙征服の道は、すなわち自主の道である。

われわれは民族の尊厳と自尊心をかけて宇宙開発を行っており、これはわが党と人民が選択した道である。

論説は、米国とその追随勢力がいくらあがいても、共和国の宇宙征服の道を絶対に阻めないと強調した。

    関連記事