昨年7月に韓国に亡命したテ・ヨンホ元駐英北朝鮮公使が、3日に行われたロイター通信とのインタビューで、金正恩党委員長の兄・金正哲(キム・ジョンチョル)氏が2年前、エリック・クラプトンの公演を見にロンドンを訪れたときのエピソードを披露している。

「日本に潜入」

テ氏は正哲氏について、礼儀ただしく自由な、普通の青年で、興味の対象は音楽だけであり、政治の話はまったくしなかったと語っている。正哲氏に対し好印象を抱いたことを思わせる語り口だが、テ氏はそのとき、北朝鮮人としては自由を知り過ぎてしまった息子たちのことで頭を悩ませていたであろう時期だ。

(参考記事:亡命した北朝鮮外交官、「ドラゴンボール」ファンの次男を待っていた「地獄」

もしかしたら正哲氏との交流は、テ氏の人生の選択に何らかの影響を与えたのかもしれない。