北朝鮮の労働新聞は6日、「白頭の革命伝統は朝鮮労働党と革命の歴史的根源であり、その命脈をつなぐ血筋だ」と、金正恩党委員長への忠誠心を求める社説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた

社説は、「金日成主席が創造し、金正日総書記が輝かした白頭の革命伝統を朝鮮革命の万年の財宝にとらえてチュチェの革命偉業を必ず完遂しようとするのは朝鮮の軍隊と人民の鉄石の意志である」と主張。

また、「白頭の革命精神を永遠なる生命線、万年の財宝にとらえていけばわれわれには乗り越えられない難関、占領できない要塞がなく、社会主義強国建設の最後の勝利は確定的である」と強調した。

そのうえで、「最高指導者金正恩元帥の指導に従って白頭山で切り開かれたチュチェの革命偉業、社会主義偉業の勝利的前進のために力強くたたかっていこう」と呼びかけた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 白頭の革命伝統を朝鮮革命の万年の財宝に限りなく輝かしていこう

【平壌2月6日発朝鮮中央通信】6日付の「労働新聞」は社説で、金日成主席が創造し、金正日総書記が輝かした白頭の革命伝統を朝鮮革命の万年の財宝にとらえてチュチェの革命偉業を必ず完遂しようとするのは朝鮮の軍隊と人民の鉄石の意志であると強調した。

社説は、白頭の革命伝統は朝鮮労働党と革命の歴史的根源であり、その命脈をつなぐ血筋だとし、次のように明らかにした。

こんにち、朝鮮労働党の指導に従って上昇一路をたどるわが革命の進路は主席と総書記が開いた白頭の行軍路、チュチェの道である。

わが革命の黎(れい)明期と厳しい各年代に自分の領袖にどう従うべきかを実践で見せた熱血の人間がまさに、われわれの革命烈士である。

革命の道で志と生死運命を共にする革命的同志愛、これは一心団結の基礎、わが革命の強力な推進力である。

白頭の革命精神、白頭の烈風精神は、金日成民族、金正日朝鮮の偉大な精神力の根本源である。

白頭の革命精神を永遠なる生命線、万年の財宝にとらえていけばわれわれには乗り越えられない難関、占領できない要塞がなく、社会主義強国建設の最後の勝利は確定的である。

社説は、こぞって最高指導者金正恩元帥の指導に従って白頭山で切り開かれたチュチェの革命偉業、社会主義偉業の勝利的前進のために力強くたたかっていこうと呼びかけた。

    関連記事