北朝鮮の金正恩党委員長が、新設の平壌初等学院を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が2日、報じた。

平壌初等学院を現地指導した金正恩氏(2017年2月2日付労働新聞より)
平壌初等学院を現地指導した金正恩氏(2017年2月2日付労働新聞より)

金正恩氏は、校舎や寄宿舎を見て回り、「廊下に童話的でありながらも直観性と科学性、リアルさが保障されたいろいろな絵などを張り付けて置いたが、すべての空間が知識ホール、常識ホールになった」と語った。

また、「初等および中等教育の質がどうかによって高等教育をはじめとする国の全般的な教育の質が規定され、人材強国化実現の近道も朝鮮労働党の初等および中等教育重視政策を貫徹するところにある」と述べた。

平壌初等学院を現地指導した金正恩氏(2017年2月2日付労働新聞より)
平壌初等学院を現地指導した金正恩氏(2017年2月2日付労働新聞より)

さらに、「親のいない生徒たちが信じて頼るところはわが党しかないだけに、平壌初等学院の幹部と教職員が生徒たちが悲しさを知らず、一点の陰もなく正直でりりしく、明るく、明朗に育つように自身の心まで合わせてよく見守ることを頼む」と強調した。

現地指導には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、馬園春(マ・ウォンチュン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が新設の平壌初等学院を現地指導

【平壌2月2日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩元帥が、教育の環境と生活の条件が最上の水準で立派に具備された平壌初等学院を現地で指導した。

最高指導者は、校舎と寄宿舎をはじめとする各所を見て回りながら建設および運営準備の状況を具体的に調べた。

平壌初等学院の校舎を近代的でありながらもきれいに建設したとし、初等教育単位の特性に即してすべての教室を多機能化、情報化し、各種の教具と備品も十分に整えておいたと述べた。

金正日的愛国主義教育室、少年団室、自然室、音楽・踊り普及室なども手間をかけて築き、廊下に童話的でありながらも直観性と科学性、リアルさが保障されたいろいろな絵などを張り付けて置いたが、すべての空間が知識ホール、常識ホールになったと語った。

2年第1班で行っている国語授業も参観しながら、教師の教授方法と教具利用状況、生徒の認識能力と彼らが使っている教科書とノートの質について肉親の情で詳しく調べた。

寄宿舎を生徒たちの童心に合いながらも、彼らが生活するのに何の不便がないように立派に整えたとし、寝室、食事室、理髪室、治療室などのすべてが気に入ると語った。

最高指導者は、初等および中等教育の質がどうかによって高等教育をはじめとする国の全般的な教育の質が規定され、人材強国化実現の近道も朝鮮労働党の初等および中等教育重視政策を貫徹するところにあるとし、平壌初等学院の管理・運営において指針となる貴重な教えを与えた。

また、親のいない生徒たちが信じて頼るところはわが党しかないだけに、平壌初等学院の幹部と教職員が生徒たちが悲しさを知らず、一点の陰もなく正直でりりしく、明るく、明朗に育つように自身の心まで合わせてよく見守ることを頼むとねんごろに述べた。

最高指導者は同日、平壌初等学院、平壌中等学院の生徒と教職員、建設者と共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員、共和国国務委員会副委員長である党中央委員会の崔龍海副委員長、党中央委員会の趙甬元副部長、国務委員会の馬園春設計局長が同行した。

    関連記事