金正恩氏の「機密漏洩は厳罰に処す」という内部文書が流出

北朝鮮の内部資料が海外に流出する事態は、もはや日常茶飯事となった。

先日は、北朝鮮の高速道路で頻発する強盗事件の詳細と、それに対する金正恩党委員長の厳罰で対処せよという指示が書かれた内部文書が、韓国の北朝鮮向けラジオ局・自由北韓放送によって公開された。

(参考記事:「強盗どもを踏みつぶせ!」金正恩氏の指令文書が流出

その深刻さを表すかのように、金正恩党委員長が「機密を漏洩させた者は厳罰に処す」とした内部文書まで漏洩してしまったのだ。自分のトイレ事情まで流出してしまっている正恩氏だけに、ここまで漏洩が続くと、さすがに怒り心頭なのではないだろうか。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

「オレも売って儲けたい!」

韓国の聯合ニュースは、「敬愛する金正恩同志の2016年8月17日の指示、◯◯◯郡◯◯◯事業所の初級党で党内の秘密を漏洩させた資料と対策報告」という朝鮮労働党総務部が作成した文書を入手、公開した。「絶対秘密」とされたこの文書には、金正恩氏が地方組織に下した指示が記されている。

    関連記事