北朝鮮の金正恩党委員長が、平壌市内の「黎明(リョミョン)通り」の建設場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が26日、報じた。

黎明通りの建設場を現地指導した金正恩氏(2017年1月26日付労働新聞より)
黎明通りの建設場を現地指導した金正恩氏(2017年1月26日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は「太陽節(金日成主席の誕生日)の前に黎明通りの建設を必ず完了することによって、チュチェ朝鮮の強大さと国力を余すところなく誇示する」と、建設に動員された軍人と建設者に熱烈にアピールしたという。

また、金正恩氏は黎明通りの建設場の全景を満足げに眺めながら、「ここはこの世にまたとない人民の地上楽園を自分の手でこれ見よがしにうち建てていく千万軍民の不屈の精神力、嵐のごとく前進するチュチェ朝鮮の気概、天を突くように高まる社会主義文明を誇示する所だ」と述べた。

黎明通りの建設場を現地指導した金正恩氏(2017年1月26日付労働新聞より)
黎明通りの建設場を現地指導した金正恩氏(2017年1月26日付労働新聞より)

さらに、「われわれの前途をあくまでも阻んでみようとする敵のヒステリックな軍事的圧殺策動と経済制裁の中で行う黎明通りの建設は、単に通りの形成ではなく、社会主義と帝国主義との対決戦であり、社会主義防衛戦だ」と強調した。

そのうえで、「最上の文明が凝縮された黎明通りが完工されればわが共和国の自力自強の力に対する賛嘆の声がまたもや全世界に響くことになるだろう」「すべての建設者が最後の突撃戦に勇猛果敢に立ち上がってラストスパートをすることによって、黎明通りの建設を太陽節まで無条件完工しよう」と熱烈にアピールした。

現地指導には、朝鮮労働党中央委員会の呉秀容(オ・スヨン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、馬園春(マ・ウォンチュン)の各氏が同行した。

金正恩元帥が黎明通りの建設場を現地指導

【平壌1月26日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩元帥が、黎明通りの建設場を現地で指導して太陽節(金日成主席の誕生日)の前に黎明通りの建設を必ず完了することによって、チュチェ朝鮮の強大さと国力を余すところなく誇示することを建設に動員されたすべての軍人と建設者に熱烈にアピールした。

元帥は、黎明通りの鳥かん図と模型の前で解説を聞いた後、建設場の各所を見て回り、建設状況を具体的に調べた。

元帥は、工程計画を具体的に立てたことに基づいて戦闘の策定と指揮、労力と設備、資材の保障を綿密に行うことに関する問題、建築物の内外部工事を最上の質的水準で進めることに関する問題、電気、暖房、給排水系統の試運転を責任をもって行うことに関する問題、緑化および地帯整備を伴わせることに関する問題、緑色建築技術が導入された住宅と公共施設に対する保護・管理をよくするように前もって必要な対策を講じることに関する問題など、黎明通りの建設の完工に関連する教えを与えた。

元帥は、黎明通りの建設場の全景を満足げに眺めながら、ここはこの世にまたとない人民の地上楽園を自分の手でこれ見よがしにうち建てていく千万軍民の不屈の精神力、嵐のごとく前進するチュチェ朝鮮の気概、天を突くように高まる社会主義文明を誇示する所だと述べた。

われわれの前途をあくまでも阻んでみようとする敵のヒステリックな軍事的圧殺策動と経済制裁の中で行う黎明通りの建設は、単に通りの形成ではなく、社会主義と帝国主義との対決戦であり、社会主義防衛戦だとし、黎明通りの建設を通じていかなる制裁と圧力も自分が定めた道に沿って真っ直ぐ進むわが軍隊と人民の勝利を目指す前進を絶対に阻めないということを再び実証していると語った。

われわれが最近、毎年、世界に出して誇るに足る通りを一つずつ建設し、その規模と工事量において以前の複数の通りよりも比べようもなく大きな黎明通りの建設をわれわれの力、われわれの技術、われわれの資材で行っているのは、朝鮮労働党の周りに固く団結したわが軍隊と人民の一心団結の不可抗力的力と限界を知らないチュチェ朝鮮の無尽強大な国力の一大誇示になるとし、最上の文明が凝縮された黎明通りが完工されればわが共和国の自力自強の力に対する賛嘆の声がまたもや全世界に響くことになるだろうと述べた。

元帥は、黎明通りの建設場は労働党時代とともに力強く前進する社会主義朝鮮の必勝の気概を誇示する場所だとし、すべての建設者が最後の突撃戦に勇猛果敢に立ち上がってラストスパートをすることによって、黎明通りの建設を太陽節まで無条件完工しようと熱烈にアピールした。

朝鮮労働党中央委員会の呉秀容副委員長、趙甬元副部長、国務委員会の馬園春設計局長が同行した。

    関連記事