一昨年、スッポン養殖工場を現地指導した際は、管理不行き届きに激怒し、その後支配人を銃殺させた。それだけでなく、そのときの様子を動画で公開しながら、幹部や一般庶民に恐怖心を植え付けた。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導】

そんな金正恩氏が、本心から自己批判するとは到底思えない。そして、余計な一言を受けて北朝鮮全土では、「元帥様(金正恩氏)にご迷惑とご心配をおかけしたのは私のせいです」など、厳しい自己批判を強いる流れ、いわば「反省大会」が起きているのだ。

    関連記事