人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

監視要員が主導する脱北だけあって、無理なく成功できるかと思われたが、彼らの家を訪ねた中国マフィアがもぬけの殻になった家を見て、公安当局に通報したという。

これを受け、公安当局が検問を強化。彼らは長春市内から抜け出すことすらできずに、逃げてからわずか2日後に逮捕された。彼らの脱北を幇助していた韓国の国家情報院の関係者は助け舟を出すこともできず、すごすごと引き上げざるを得なかったという。

今回の脱北に関与した情報筋は、中国の国家安全省関係者から聞いた話として、昨年の北朝鮮レストランの女性従業員が集団脱北した際には当局の了解があったが、今回は米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD 〈サード〉)の韓国配備を巡り中韓関係が悪化している情勢を受け、集中的に検問を行なったと伝えた。

    関連記事