北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、論評を通して韓国が米国の植民地と指弾され、周辺諸国の腹いせの対象になって嘲弄されていると主張した。

論評は、米紙「ワシントン・ポスト」をはじめとする世界のメディアが「『年頭から南朝鮮の外交が腹いせの対象に転変、中国がこっちで蹴れば日本があっちで蹴り、米国からも無視されている』『南朝鮮はすでに中・日・露・米が自分らの国益を追求するために意のままに叩く太鼓に転変した』と揶揄、嘲笑している」と指摘。

また、「これは、執権期間、反統一事大・売国政策に執着して南朝鮮を諸大国のいけにえ、対決の乱舞場に追い込んだ朴槿恵逆賊一味に対するあまりにも当然な評価である。現実的に、中国は『THAAD』の配置に抗議して南朝鮮に対する経済的報復措置の実施に入り、日本は釜山にある日本総領事館の前に設置された性奴隷少女像の問題にかこつけて狼藉を働いている」と強調した。

そのうえで、「今、南朝鮮の保守勢力は再執権野望を夢見ながら民心欺まん術策に執着しており、米国はわが民族内部問題に干渉して植民地体制を維持するために陰に陽に策動している。南朝鮮の人民は、民族の統一志向に逆行する内外の反統一勢力の挑戦を粉砕するための全民族的闘争に果敢に立ち上がるべきである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

袋叩きの境遇になった哀れな植民地手先 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月21日発朝鮮中央通信】今、南朝鮮が前代未聞の羞恥と恥辱の代名詞になって国際社会の嘲(ちょう)笑を浴びている。

米国の植民地と指弾されているうえに、周辺諸国の腹いせの対象になったと嘲弄している状況である。

最近、米紙「ワシントン・ポスト」をはじめとする世界のメディアは、「北朝鮮は『真の朝鮮』である反面、南朝鮮は政治的に米国に隷属された植民地」「南朝鮮の大部分の若者は北朝鮮にあこがれている反面、南朝鮮に対しては何の政治的権限もない米国の植民地と認識」「南朝鮮は相変わらず米国の『衛星国』」「南朝鮮は米国がアジア大陸侵略のために足を踏み入れた軍事基地」などと評している。

南朝鮮が、米国の植民地とらく印を押されたのは周知の事実であるが、主要メディアが異口同音に、公開的に植民地と指して明らかにしたのは異例的である。

また、各メディアは、「年頭から南朝鮮の外交が腹いせの対象に転変、中国がこっちで蹴れば日本があっちで蹴り、米国からも無視されている」「南朝鮮はすでに中・日・露・米が自分らの国益を追求するために意のままに叩く太鼓に転変した」と揶揄(やゆ)、嘲笑している。

これは、執権期間、反統一事大・売国政策に執着して南朝鮮を諸大国のいけにえ、対決の乱舞場に追い込んだ朴槿恵逆賊一味に対するあまりにも当然な評価である。

現実的に、中国は「THAAD」の配置に抗議して南朝鮮に対する経済的報復措置の実施に入り、日本は釜山にある日本総領事館の前に設置された性奴隷少女像の問題にかこつけて狼藉を働いている。

米国の新しい行政府は駐中、駐日の米国大使はすでに選定したが、南朝鮮駐在米国大使はいまだに内定さえしていない状態だという。

自主性がなければ、袋叩きの境遇になってしまう。

朴槿恵逆徒が同族は眼中になく、事大・売国政策に執着して南朝鮮の政治、経済、軍事など各分野の主権だけでなく食糧主権、環境主権をはじめすべての主権を根こそぎに米国に供して後押ししたが、与えられたものとは、今のような冷遇と馬鹿扱いのみである。

そのような者を「大統領」に選出した南朝鮮の人々がいつまでも痛嘆することである。

民族の本当の主敵も判別できずに同族対決に生きる道を求める朴槿恵のような反統一的な事大主義的売国勢力、保守勢力を放置しては南朝鮮の人民がそのような羞恥と恥辱から永遠に免れられない。

今、南朝鮮の保守勢力は再執権野望を夢見ながら民心欺まん術策に執着しており、米国はわが民族内部問題に干渉して植民地体制を維持するために陰に陽に策動している。

南朝鮮の人民は、民族の統一志向に逆行する内外の反統一勢力の挑戦を粉砕するための全民族的闘争に果敢に立ち上がるべきである。

    関連記事