北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)第233軍部隊直属区分隊を視察した。19日、朝鮮中央通信が報じた。軍部隊の視察報道は今年初となる。視察は19日付の労働新聞1面でも報じられたが、通常の視察報道と違い、兵士との記念写真のみが掲載された。

朝鮮人民軍第233軍部隊直属区分隊を視察した金正恩氏(2017年1月19日付労働新聞より)
朝鮮人民軍第233軍部隊直属区分隊を視察した金正恩氏(2017年1月19日付労働新聞より)

金正恩氏は視察で、「偉大性教育と金正日的愛国主義教育、信念教育、反帝・階級教育、道徳教育を斬新かつ実質的に行わなければならない、兵士の政治的・思想的力よりも強い武器はこの世になく、人民軍が思想をとらえてこそ敵との戦いで勝利することができる」と語った。

また、「中隊で訓練を実戦の雰囲気の中で行って軍人たちを剛毅な精神力と頑強な闘志、高い戦闘能力と資質を身につけた勇猛な一当百の万能兵士にしっかり準備させており、高度の臨戦状態で寝ても覚めても戦いの準備だけを考えながら武器、戦闘技術機材の経常的な戦闘動員準備を抜かりなく整え、前哨と陣地を難攻不落の要塞にさらに打ち固めている」と満足した。

視察には、朝鮮人民軍の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李永吉(リ・ヨンギル)の両氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が朝鮮人民軍第233軍部隊直属区分隊を視察

【平壌1月19日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩元帥が、朝鮮人民軍第233軍部隊直属区分隊を視察した。

最高指導者を現地で、軍部隊の指揮メンバーと中隊の指揮官が迎えた。

最高指導者は、標準兵営設計通りに築いた中隊兵営を見て回った。

暖かく暖められた寝室に立ち寄って温度を推し量り、暖房保障状況についても具体的に調べ、暖房がまともに保障されてこそ軍人たちが寒い冬にも暖かい兵室で生活し、健康な体で戦闘・政治訓練で成果を収められると述べた。

政治・思想教育拠点である教育室も立派に築いたとし、偉大性教育と金正日的愛国主義教育、信念教育、反帝・階級教育、道徳教育を斬新かつ実質的に行わなければならない、兵士の政治的・思想的力よりも強い武器はこの世になく、人民軍が思想をとらえてこそ敵との戦いで勝利することができると語った。

最高指導者は、うっそうたる樹林の中にある兵営を明るい微笑を浮かべて眺めながら、周辺の環境がたいへんよいとし、今後もより多くの木を植え、真心こめて育てて兵営と駐屯地域の山を樹林化、園林化、果樹園化すべきであると述べた。

元帥は、中隊の軍事対象物を見て回って戦いの準備と訓練実態を調べた。

中隊で訓練を実戦の雰囲気の中で行って軍人たちを剛毅な精神力と頑強な闘志、高い戦闘能力と資質を身につけた勇猛な一当百の万能兵士にしっかり準備させており、高度の臨戦状態で寝ても覚めても戦いの準備だけを考えながら武器、戦闘技術機材の経常的な戦闘動員準備を抜かりなく整え、前哨と陣地を難攻不落の要塞にさらに打ち固めていることに満足の意を示した。

中隊が受け持っている任務がたいへん重要であるとし、戦いの準備完成において指針となる綱領的な課題を提示した。

最高指導者は、中隊の軍人たちが社会主義祖国を鉄壁のごとく守っていくとの期待と確信を表明し、双眼鏡と自動小銃、機関銃を記念に贈り、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)、李永吉総参謀部第1副総参謀長兼作戦総局長(陸軍上将)が同行した。

    関連記事