北朝鮮の朝鮮中央テレビは17日、金正恩党委員長が昨年11月から12月に行った各部門の現地指導の記録映画を公開した。この中で、金正恩氏が不自然な歩き方をしていることがわかった。

金正恩氏の現地指導(朝鮮中央テレビが報じた記録映画より)
金正恩氏の現地指導(朝鮮中央テレビが報じた記録映画より)

金正恩氏は2014年7月にも、左足を引きずる姿が朝鮮中央テレビで報じられたことがある。同年10月には、つえを使って歩く様子も確認されている。

今回の記録映画では、金正恩氏が昨年12月に、北朝鮮東部の江原道(カンウォンド)の少年団キャンプ場や元山(ウォンサン)製靴工場などを現地指導した様子が映されている。

金正恩氏の現地指導(朝鮮中央テレビが報じた記録映画より)
金正恩氏の現地指導(朝鮮中央テレビが報じた記録映画より)

金正恩氏は歩く際、明らかに右足に体重をかけて、左足を引きずっているように見られる。それでも、とくに苦しい表情などを見せず、階段なども上がりながら精力的に動く姿をアピールしている。

また、冬の時期に愛用しているダブルのコートが以前に比べるとお腹周りがかなり窮屈になっているようだ。着ぶくれの可能性もあるが、日増しに肥満度が高まっていると見られる。

韓国の情報機関である国家情報院は、金正恩氏が足首にできた嚢腫(のうしゅ)を除去する手術を受けていたと明らかにしたことがある。また、肥満や喫煙習慣のために再発する可能性が高いとの見解も示していた。

    関連記事