北朝鮮の労働新聞は17日、韓国軍が特殊任務旅団を新設することに対して「われわれに対する露骨な宣戦布告」としながら「最高首脳部に挑戦する者はそれが誰であれ、無慈悲な懲罰を免れられない」とする論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が配信した。

韓国国防省は4日に発表した2017年業務計画報告で、有事の際に金正恩党委員長ら軍事指導部を除去する特殊任務旅団の編成を2年前倒しすると明らかにしていた。

論評は、「共和国の最高首脳部を狙ったかいらい好戦狂らの特殊任務旅団の編成は事実上、われわれに対する露骨な宣戦布告である」と指摘。

また、「かいらい特殊任務旅団がわれわれの超精密攻撃手段の第一の打撃目標となるのはもちろん、その編成を考案し、それに加担した者もやはり、第1次的な処断の対象となるであろう」と主張した。

そのうえで、「南朝鮮のかいらいは、わが千万軍民の秋霜のような懲罰の意志を直視してむやみにのさばってはいけない。かいらいの特殊任務旅団の早期編成策動は、ほかならぬ米国のオバマ一味のそそのかしによるものである」と米韓を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 共和国に挑戦する者は懲罰を免れられない

【平壌1月17日発朝鮮中央通信】先日、「2017年国防部業務計画」というもので「北の戦争指揮部除去」のための特殊任務旅団の編成を2年早めて今年中に終えると公言した南朝鮮のかいらい軍部は、旅団の規模は1000~2000人になり、旅団の作戦には米特殊戦部隊の要員らも参加するだの、特殊航空機、潜水艦、ステルス浸透艇をはじめとする先端装備が投入されていろいろな形式と方法による「北の戦争指揮部除去」の作戦が繰り広げられるだの、何のと大げさにけん伝している。

17日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、かいらいが特殊任務旅団の編成を早めて騒ぎ立てていることには、われわれの誠意ある努力を「偽装平和攻勢」に罵倒して朴槿恵弾劾に注がれた民心の焦点を他に回そうとする凶悪な下心が潜んでいると明らかにした。

論評は、共和国の最高首脳部を狙ったかいらい好戦狂らの特殊任務旅団の編成は事実上、われわれに対する露骨な宣戦布告であるとし、次のように強調した。

われわれの最高首脳部に挑戦する者はそれが誰であれ、無慈悲な懲罰を免れられない。

かいらい特殊任務旅団がわれわれの超精密攻撃手段の第一の打撃目標となるのはもちろん、その編成を考案し、それに加担した者もやはり、第1次的な処断の対象となるであろう。

南朝鮮のかいらいは、わが千万軍民の秋霜のような懲罰の意志を直視してむやみにのさばってはいけない。

かいらいの特殊任務旅団の早期編成策動は、ほかならぬ米国のオバマ一味のそそのかしによるものである。

米国のたわいない軽挙妄動は、われわれの核戦力高度化をいっそう促す結果だけを招くであろう。

    関連記事